2014年1月19日 (日)

梶井基次郎と木戸孝允。

140112_211846 栗ようかん。

安いものなので贅沢は言えないが、少し甘いな。

今週は、故あって家にいる事が多い。ま、のどかに過すのも一興と自分を慰める。

古本屋で買った本を読んだりして過した。

梶井基次郎著「檸(レモン)檬」(新潮文庫)。相当、昔の作家だ。31歳で夭折した人らしい。話自体は、今の人が読んでどう思うか難しい判断だ。僕としては、何故だか感性がシンクロする部分が多々ある。年代が違うのに、おかしな気もするが何か読んでてそう思うのだ。似た様なコンプレックスがあるのか同じ様な感情の動きがあるのか。ま、あまりオススメという訳にはいかないけどそれなりに満足する。

ついでに木戸孝允のを描いた短編を読んで知ったのだが、この人物の性格も自分に類似している。それなりの人物に対しておこがましい限りだけど・・・木戸孝允。桂小五郎と言った方が通りが良いだろうか。

自分の描いたものが現実的に出来そうにないと厭世的になり放棄しがち。その地位に連綿とする訳では無く、それも返上してしまうのだ。それでも彼の場合、能力が高いのですぐに呼び戻されてしまう(そこが僕と違うか)。それを繰り返すって人生だ。この時代の維新三傑の一人であるが大久保・西郷と三者がそれぞれ性格的に相違がありすぎるのも興味深いね。

一般的にやはり西郷どんが人気なのでしょう。大久保は人気はともかく、その人物は大きく知られるところだ。木戸は残念ながらあまり聞かない。芸妓、幾松との話は有名だろうか?。恐らく、この二人と木戸の違いは野心の大きさだろう。悪い意味での野心では無い。自分の思うところを貫徹するって意味での野心だ。西郷も大久保もそれぞれ違えど、自分の道を進んだのでしょう。木戸は少し、執着の人では無かったのでしょうね。何かを為すために労を惜しむ訳では無い。尽力をするのだけど、「自分を据えながらそれを実行出来ないとなれば自分が為す意味が無い⇒故に自分が留まる必要は無い」って事かな。そして、「ならば、そもそも呼ぶなよ」って思いもあったろう。それでも、野心的で無いってのはある種の安心感があって重宝されると本にはあった。ま、確かにそういう側面はあるだろう。

僕なんかは、西郷の様な豪快でくもりのない人間にはなれないし、大久保ほどに冷徹にもなりきれない。すぐ嫌気がさすし、権威には近づきたくない。そう考えると木戸は英雄的では無いが好感が持てる人物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

史実。

140108_205333 養老サイダー。

養老の滝で購入したものだ。

昔からサイダーという飲み物はあって今もそれなりに人気がある。僕にとってはコーラやスプライトは青春的な感じだがサイダーは少しの郷愁を帯びた飲み物だ。子供の頃からそんな印象があるな。

NHKの大河は黒田官兵衛ですか。歴史上、面白い人物ですね。そういえば正月に「影武者 徳川家康」ってのがやってましたよね(僕は見て無いが)。歴史に疎い母親はストーリーを鵜呑みにしていた様だ。ま、そんな噂が当時もあったろうし、事実は解らないとも言えるけどね・・・そういった事を信じる人もいるだろなぁと少し、恐ろしくも思った。

以前はもっと酷い歴史ドラマなんかもやっていたのでこの手のものは見ないのだが、今のゲームなんかでも華々しい姿で飾られたりしてオカシナ感じがしている。それはそれで楽しんでもらえば良いが、歴史上との違いは認識くらいしたほうが良いかも知れませんねぇ。

NHKの大河はほとんど見ないが、どうかそれなりに真実との差が無い事を祈ろう。

特に黒田官兵衛は好きな武将の一人なのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

平常。

140101_160207 正月に食べた鯛のひらき。

やぱり鯛は旨いね。ただ、干しと塩梅があまりよろしくないな。もう少し、しっかりしていると有り難い。半身は鯛めしにして食べました。

Pict0024 昨日の初詣の帰りに寄った養老の滝。

まぁ、寒い時にはあまりオススメの場所では無いけど意外に人が来てましたね。登山者もいる様で駐車場は正月料金で高かった。受取る方も払うほうも情けない声で応対となる。

それにしても登山か・・・ま、それなりに清清しいのかも知れないけどとても真似は出来んなぁ。

140103_104408 こちらは道の駅「月見の里」の足湯。

思わず、タオルを買って足湯に浸かりました。これが気持ちが良いこと、この上ない。結構な時間、浸かってました。無料なので。良心的な道の駅ですね。

あー、もう正月休みも終わりだー。

終わってみると空しいものだな。そして仕事が待っていると思うと少し気が重くなる。波はあるけど、いつまでたってもこうなってしまうなぁ。たいして見てないけど、テレビなんかも平常に戻りつつあるのでこちらも少し気が締まってくる。

ま、しょうがない事なのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

私的初詣。

140103_091704 甘酒。本日、参拝した多度大社で飲んだものです。

初めて飲む。酒では無いと知ってはいるが、どうも「酒」って言葉で避けてきたのだが。今回はTRYする事に。何かポン菓子に似た味ですねぇ。ま、嫌いじゃ無い。今度から見かけたら飲んでみよう。

Pict0014 午年だからって訳では無いけど、今年は多度大社(三重県)で初詣。

上げ馬神事で有名な神社ですね。小屋内をグルリとしたり参拝客から(神社の用意している)餌を食べたり、サービス精神旺盛で人気でしたよ。

Pict0015 これが馬が駆け上がるところ。もの凄い勾配で、よく上るものだなと感心する。これは迫力ある神事ですよね。

一度、見てみたいものだ。

それにしても、私的な初詣のスタイルが出来つつあるな。

一つ。元日は付近の神社で静に参拝し、本格的には一月三日に詣でる。

二つ。賽銭は財布の500円硬貨意外は全て賽銭箱へ。

三つ。お守りは小さめのものを買う。

四つ。お守りやお札は好みの顔の巫女さんを選んでその人の所で買う。

その他は、みんなと同じといったところだ。

140103_151455 今回は、おふだ(というの?)とお守りを購入。

勿論、好みの巫女さんを選んで・・・近年は、巫女さんも臨時バイトだから、まぁ、好みの巫女さんでOKでしょう。

140103_151547 このお守り、結構、良く無いですか?。

すこぶる気に入っている。白馬伝説があるので白色をチョイスした次第。「巫女さんはフランクで伝説は重視するのかっ」と突っ込まれそうだ。

何にしても今年一年、恙無く過せるといいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

大晦日。

131231_155825 大晦日の料理。

正月も同じメニューになります。後は、マグロやタコ・甘エビの刺身が追加される。肉はほとんどありませんよ。ハムとか旨いもんですがね・・・控えねばいけない身の上だ。

えー、特に大晦日と言っても変わらないのだけど。後で友人宅に行くので早めに更新する次第です。ガキの使いを見て近所の神社へお参り。

あー、来年はよい年になるといいなぁ。

と言いつつ、毎年あまり良い事は起こらないものだ。かえって悪くなっているようにも思う。

けれど、願わずにはいられませんよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

正月準備。

131230_091504 今日は、正月料理の食材を買うために師崎の朝市へ行ってきた。久しぶりに見る朝日の海は綺麗ですねぇ。

ま、近年の僕の正月料理はかなり特化されてしまって、もはや正月のおせちとか何も関係ないんですけどねぇ。数の子が消え、代わりに蟹が加わり、肉類が減少し、干物が増えるといった具合です。

それでも僕にしてみれば、今年は買ったものはそこそこ豪華だ。

大きな鯛のひらき・鯵のひらき・まるぼしにかちり(上干ちりめん)・生の貝・たこわさ・赤エビ。そしてまぐろの刺身か。

これだけあれば大晦日と元旦+αは過せる。メインは鯛飯かな。それから開きとエビをチビチビつまみます。蟹はがっつりと単体で頂く。それ以降は、さっぱりとたこわさで茶漬けって段取りだ。

沖縄行きもお流れになったし、三日くらいにどこかへ参拝に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

氷解。

131222_133428 フジパンの「温州みかん&ミルク」。

このパンは色んな種類があってしかも安いからつい買ってしまう。

それにしても餃子の王将の社長のニュースはそれなりに衝撃ですね。殺傷能力の低い銃で殺害。大きな音の報告も無くサイレンサー(でしたか?)で消音したのではないかという。財布はとられた形跡が無く4発撃たれており怨恨の説が高いとか。しかし、恨まれている感じも無いとか。そして計画的な犯行でもあるという。

特に餃子の王将には馴染みが無いが、記憶に残る事があったな。

僕の家がまだ家族の形があった頃、みんなで王将に食べにいった事がある。子供の頃だったから相当、昔の話だ。店の対応は悪く、料理も運ばれた段階で冷え冷え・・・母親は怒り出し、途中で店を出る羽目になった。それぞれに気分を害したので深く印象に残っているのだ。

それ以来、餃子の王将で食べる事は無かったが、友人は好きだと言うので渋々、入った事があった。一転して料理は温かいものが運ばれ、店員も並みの対応だった。さして旨いっとはならないけどまぁ、こんなもんだくらいには昇格。それ以来、たまには入る事もある。

殺害された社長が就任してから傾いていた王将は復活を遂げたと聞く。一括調理から店での調理にしたり、各店舗でのオリジナル料理の推奨をしたりして変革をもたらした訳だ。ばかな企業は経費削減なんかで切り詰めようとするがそれらは焼け石に水ともいえる。劇的に変えたいなら劇的に方法を変えるのが成功者と出来ない人の差なのだろうな。そういう意味で餃子の王将社長は変革者と言えるのだろう。

ま、この事件で僕が餃子の王将のイメージが変わった原因が解った訳だ。

事件がどう解決されるか知るべくも無いが、それなりに印象深い事件だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

これが若さか。

131215_165640 水炊き。具は白菜、ねぎ、豆腐。きくらげに鱈。

ポン酢のみで頂く。水炊きと言っても鶏出汁も昆布だしも使わず、水で煮ただけだ。「素材の味を」と思った訳でも無く、単なる不精です。

今日は岡崎市美術館の企画展「俺ならこう見る」というのを拝見してきた。ま、特に衝撃を受けるものでは無いけど、三百円と安い。作家もまぁ、色々と表現をするものなのだなぁ。僕として「平穏な一日」を表現するのはOKだけど、「平和がどうこう」ってのは気に入らないんだな。何やら芸術を政治の対極の様に表現するの嫌いなんですよ。そこのところ、気をつけられないかな。

前置きが長くなったが、今回はこの企画展がメインではない。

岡崎市美術館は、大した催しは無いのだがそれだけにより庶民的なのだ。小さな○○展が結構、行われている。見る時間だけなら先日のメナード美術館よりかかるくらいだ。今日も陶器から写真まで色々とやってました。

中でも「第26回高校生の写真展」は良かったな。ま、作品の良し悪しは世代に限った話では無いから脇に置いておく。それでもやはり歳をとって目で見ると写真で若さを感じる事もある訳だ。写真に感情がダイレクトに感じる。極めて生の感情を受けるのだな。歳をとった人、或いは写真家だったりの写真はそこのところチラリズム的なものがある気がする。普段は、それを見る機会が多いからそうなるのかな。

どっちか良い悪いって事でも無い。それぞれの段階でそれぞれの写真を撮るって事だ。尤も、隣の芝は青いって事で羨ましさも感じたりする事もあるでしょうがね。

ちょっと強めの微笑が浮かぶのも久しぶりだったな。

昔、Zガンダムでシャアがカミーユ(主人公)に殴られ、「これが若さか」と涙する場面があったと記憶する。

ま、泣きゃしないが思わず「これが若さか」と思ってしまった一日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

美術鑑賞とクリスマスソープ。

131214_195943 今日はメナード美術館へ行ってきた。

「時代を代表する巨匠たち」と題された展覧会。僕の好きな画家の作品が多いというのもあるが、この美術館は小さいながら濃密な作品が出ていて極めて有意義な時間が過せる。ポストカードも買ってしまった。小磯良平にパスキン、ミロ、岸田劉生にレオナールフジタだ。小磯の描く女性はいつもながら清楚だな。岸田の麗子像は正直、あまり好きでは無い。それでも買ったポストカードは結構、実物(って写真をみただけだが)に近かったので購入。フジタ、パスキンは極めて彼ららしい作品だ。ミロは好きなやつ。

今回は企画展を見たいというのもあったのだけど、洗顔に使っている石鹸を買う目的もあったのだ。「あおやま」のカモミール。クリスマスも近いので飾りがついていた。小さいタイプで350円。僕の財政からすると、石鹸としては高価だと思っている。

恋人に贈るには相手に渋面を作られそうだが、親しい人やちょっとした付き合いには結構な品として喜ばれそうな気がする。質は上等だ。香りも良い。

それにしても・・・いつも美術館トイレにこの石鹸が置いてあるのだが今日は無かったな。経費削減か持っていってしまう人がいるのか。

このトイレで他の種類の匂いを試したかったりしたんだけど、ちょっと残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

伝統。

131205_214416 野菜たっぷりの帆立中華スープ。

冬にサラダはきつくなってきたのでスープや鍋で野菜をとる作戦に変更した。

朝のニュース番組の1コーナーで漆をとる仕事をとりあげていた。漆を取り出す仕事の低収入で伝統がしぼんでしまっているとか・・・あれこれ策はとられているが厳しいのが現状らしい。

そして合成漆器ってのが出てきてこれも漆器類に打撃を与えている様だ。この合成漆器って百均で見かけるやつだよな?確かに遠くからあの光沢を見ると漆器かと思えてしまうな。僕なんかは、近くに行って本物の漆器で無いって解るとしらけてしまうが特に悪いものでは無いので買う人も多いのかもしれないな。

特に、本物がどうって事では無いけどやはり味噌汁とか本物の漆器で飲みたいねぇ。展示品なんかを見てみると、漆の光沢はまさに美しいと思うのだ。

伝統を守るって意味でも、漆をとる人達の報酬はもっとあって良いのでは無いかな。変な事に税金を投入されるより、こっちの方が有意義に思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧