2013年11月18日 (月)

光と闇。

131117_182333 寒天そば。

鴨南・・・と言いたいが、スーパーに無くて鶏の「セセリ」にした。鴨ほどにはパンチが無いけど、まぁそれなりに旨い。寒天そばは、普通のとはやはり食感が違うな。なんというか・・・細いうどんみたいな食感だ。

今週の週刊現代で島倉千代子の記事を読んだ。特にファンとかでは無いので、借金がどうこうってくらいしか知識が無かったのだが、どうもハンパなく壮絶なスケールのものだとビックリした。縁が無い世界なのでなんとも言えないけど、ファンとかはその人生も含めて島倉千代子という歌手を見ているのでしょうね。

公演での爆発騒ぎ、過労で声が出なくなって失踪、失明寸前の怪我、自殺未遂、離婚、そしてガン。借金の方は、夫の借金5千万から交際医師の6億円、興行主の2千万ギャラ持ち逃げ、資産の騙し取られ。

まさに「人生いろいろ」だ。地の歌なのですねぇ。それでも、借金は完済と言うのだから女傑ではある。それなりに幸せな時期もあった(と思いたい)でしょうが。尤も、「学習しないのか」等の疑問は残る。ま、人はそれぞれだしあまりお金を重視していなかったのかも知れない。お金は非常に必要なものなのですが、人の人生の本義とは関係ない側面はあるでしょうし。

それにしても、凄い人生だ。絶えず、忙しく過された人生だったでしょう。辛い部分と充実している部分がある。良いとこ取りの人生ってのはないものですね。

御冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

コントで苦情ねぇ。

130921_192236 ヒャッキン材料で作るお萩。萩の様だから「おはぎ」、ぼたんの様だから「ぼたもち」だとTVでやっていた。真実かどうかは不明だ。

ばばあ(母親)の差し入れだ。もち米・きなこ・つぶ餡。どれもヒャッキンで買ったものだとか・・・よく行くけど、もち米まであったのか。味は、まぁ普通です。

キングオブコント、見ましたけどね・・・昔に比べて、凄く面白く感じないのは時代のせいなのかな。何故かと言えば、ブラック感が少ないからだろうかな。少なくとも、僕にとっては。

なにやら言うコンビのコントに苦情が殺到したとか、番組中にアナウンサーが言っていた。よそ事しながら、ずっと通してみてたが何か問題があるかね?良く解らん。どんな奴がどんな理由で苦情を言ってるのだろ。たまにそんなんがいたとして殺到しているって・・・どれくらいの件数なんだろ?。あまり相手にしたくない輩だ。

このままだと、「お笑い」って存在意義が無くなる。一般受けする芸は「大道芸」等だけで良いって事にならんか?これはこれですこぶる面白くはあるが、また別の質のお笑いが無ければ、つまらんよ。

何回も言うが、気に入らない人は見なくければ済む問題だ。子供への影響だと言うなら、見せない。万一、見てしまったら、思いっきり抱きしめて愛情をあたえなさいよ。それだけで、お笑いの悪影響はふっとぶだろう。

TV局も、万人に受けたいって気持ちは解るが無理があるのだ。一つの物に、全ての人間が同じ価値観を持ちようが無い。それでも、なるべく多くの人にって思うなら食べ物番組だけ作ってたら良い。いずれにせよ、そんな気概で誇りを持った仕事が出来るのかな?。

もう遅すぎるが、先送りしてきた「方向性」に答えを出すなら早い方が良いだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

フェチ。

130831_082311 カップヌードル「ピリ辛麻辣みそ味」。

KINGサイズ。流石に凄まじきカロリーだ。それでもピリ辛でみそ味で麻婆とくれば食わない訳にはいかない。

味も満足なものだったな・・・ま、体にあまりやさしい感じでは無い。その代価を払った分は回収したって感じだ。

えー、今まで触れずに来たけど・・・みのもんたの朝ズバでセクハラ云々って話がそれなりに上がっているらしい。僕も見てたけどしかとは解らなかったな。吉田明世の大きな悲鳴らしき声が聞こえて前に数歩、早走りした感じだったと記憶している。何かやりよったとは思ったけど、腰か背中に何かを当てた感じだと思ったがなぁ。

お尻って触って楽しいかね?。二の腕とかでも一緒でしょと思ってしまうな。見るのならまだ、解らんでも無いのだけど。あまり触っても(って興味が無いので触らないけど)何とも感じないな。

僕の傾向はどうだろう?

尤も、これも二手に分かれるな。まずはリアルに触る場合か、ビジュアルかだ。

まさに事に及ぶ場合。これは乳が好きだ。普段、巨乳傾向に見られがちな僕(?)だが大小はあまり気にしない。ケツには一切、興味が無いので故意に触ることは無いかな。これはこれで問題かもしれないけどね。とにかくそんな感じだ。たまにウエストを両手で掴んだりはする。強くじゃ無くて人が腰に手を当てる感じです。

ビジュアルだけど。

まずは顔。これは、ガン見する。美醜の問題では無い。とにかく見る。夏場なら腋も見るな。大概の女性の腋って、なんか綺麗でしょ?おかしいか?。それから太ももと胸。お尻は・・・興味ないかと思えばちょっと違う。友人なんかはピッチリしてキュっと上がっている(何故だかジーパンは必須らしい)のが好きだそうだ。僕は、それも嫌いじゃ無いけどすこしたれた感じも好きかな。後、締まったウエストも好きだけど程好くたるんだウエストも嫌いじゃ無い。

結局のところ、「全身見とるし一貫性が無いかっ」って突っ込まれそうだな。まぁ、でもそんなもんじゃ無いですか(と誤魔化しておこう)。

話は最初に戻るが、みのもんたの件はそのまま流しておいて良いんじゃないかな。どんな思惑があれ二人共、それなりに腹におさめてるんでしょう?。

吉田明世好きな僕でも、(真近で見れるとか言う意味で)羨ましいとは思えど、立腹はしない。

万事、ほどほどにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

自縛の女(ひと)。

130821_201509 とうもろこし。

今年は全然、食べて無かったな。旨い。

僕の場合は、焼いたのより、茹でたやつが好きです。

今週は色々なことが起こってましたね。

藤佳子さん、自殺か・・・本人が納得してのことならとかく言える事では無いけど。そういう事で良いのかな。藤佳子世代では無いけど、「怨歌」と言う表現は中々に納得させられる。本人は戦略でそうせねばならないかっただけで、普通に明るい人だったと言う。若い内に、こういう二面性を持った事は、その後の人生にどう影響したのかね。

縛られた女性のニュースもあったな。両手両足を縛られた状態で見つかった女性だ。盗られたものも無く、荒らされた形跡も無いって事だったので「ひょっとしたら、放置プレイの途中だったか」等と下世話な事を考えたりしていたが結局は、自作自演であったとか・・・理由は「会社に行きたくなく、無断欠勤の言い訳だった」らしい。

これはこれで意表をつかれたな・・・自分で両手両足を縛った訳か。

人は時に変な暴走をしてしまう。僕も、若かりし日は良くやった。今、思い返してみるに叫びたくなるくらいに恥ずかしいものだ。それでも20歳前まででしたけどねぇ。

だから、呆れることも無いんだけど。

一緒に仕事をしている人から休む理由・早く帰る理由を微にいり、細にわたって(それがかなり作り話めいているのだ)延々と述べられた事があったな(これが意外に多い)。別に上司でも無いし、文句も言った事は無いのだが・・・。

こうやって人は気を遣うのだな。頻繁にでは無く、節度を守った範囲なら誰に気を使わずとも良いだろう。「好きにやればよし」と思っている僕としては、逆に迷惑している。むげにも出来んので「そうですか、大変ですね」と言ってはみるが内心は腸が煮えくりかえっていたりする。休む事にでは無く、その話を長々と聞かねばならない事にです。

そんな事くらい、好きに休めば良い。月に一回とかなら、理由もどうでもいいだろう。それが言いにくいなら、テキトーな方法はいくらもある気がする。

今回のこの事件は、愚行権を逸脱してはいるのだから何も無くって訳にはいかないでしょうな。

結局、こういう結果だったのだから「最初からシンプルに言った方が良い」と言う昔話めいた教訓なのだろう。

昔話も裏には泥臭いものが潜んでいる。

そう考えると、現代版の昔話ってのも出来るのかも知れない。現代を現代と捉えず、昔話風にアレンジしてさ。あくまで、勧善懲悪が基本路線で、裏に泥臭さを潜ませるのが条件ですがね。

そういう作品があるのかどうか知らないが、無いのであれば作家のどなたか、やってみてくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

壇蜜騒動。

130811_192412 ゴーヤ味噌チャンプルー。

ゴーヤは苦手だけど、こうすると何とか食べれる。嫌いじゃ無い人なら旨い一品でしょう。

壇蜜の始球式は良かったね。スクール水着を使うあたりはプラスのサプライズで面白い。

それで批判が出ていると言うのは本当なのか?。

キモイとか子供に悪影響だとか・・・。その他、色々なものがあるらしいがこんな報道は意味があるのかな。

キモイって何がキモイのだろう。充分、良かったと思うが。批判している奴はそんなにカッコよろしいのかね。

子供に悪影響って・・・何で?。子供がスクール水着を着るのは当たり前な事の様に思うが。悪ふざけでマネするとか本末転倒だろう。大人が喜ぶ様を子供が知ってそこを突いてくるとか大人が子供に手を出すとかそういった事か?。そもそも、そんなところを付く子供にしたのならそりゃ、親が悪い。こんな事くらいで影響される程、弱い親なら最初から子供を作るなよ。親もやめちまえ。

幼児性犯罪者の問題は深刻だろう。スクール水着は一つのアイテムではある。それに対しての厳罰化が必要なのは事実だ。しかし、壇蜜のスクール水着始球式は、そういう類のものではないでしょう?。

もう少し、色々と事実を分類化する必要があるのだ。今の、この世の中は特に。

そういうのを大人になるという。

短絡的にヒステリックになるこの手の人は、タチの悪い子供だ。

そんな人間が子供に何を教えられるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

とりあえずの法則。

130721_185720 ちょいと前に友人からもらったおみやげ。

糖分はあまり取れないので配りました。

今日の朝、コンビ二に入ったらフライデーで中島知子がヌードになってましたね。ハダカの美奈子にも中島知子にもあまり興味は無いのだけれど、初物というのは「とりあえず買ってみよう」的な効果がある様だ。

予想外の出費・・・。

どうせなら、美奈子が脱げばいい。そしたら僕も少しはテンションが上がるのだがな。

それにしても映画化って、、、観客は入るのかな?。意外と人気があるとは言うが、さして劇的なものがあるとも思えん。本とかも見てないし、情報が無いから何とも言えないな。

やっと、明日から連休だ。

少し、おっとりと過すとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

葛藤。

130421_123448 土日は雨だと予報で言っていた。確かに、外れはしていないのだが。今日は少し、晴れ間がでたので肌寒いが散歩に出た。

もう、藤の季節ですねぇ。まだ、開ききっていないけれど藤の色は綺麗だ。

芸能界では三國連太郎さんが死去されたとか。僕は釣りバカ日誌は見て無いが、前に二時間ドラマか何か(映画ミスティの大衆版みたいなの)で演じられていたのが記憶に残っている。名前は忘れたが女優も覚えている。意外に鮮明な記憶なのだ。

話が逸れたが、息子の佐藤浩市との葛藤がTVで流れていた。葛藤・・・かづらや藤のこと。枝が絡むところから互いに譲らず対立する事となる言葉だそうだ。丁度、藤の季節になりそうな時期だったのも何かの縁でしょうか。

ま、親子ってのは多かれ少なかれこういうのがありますわな。それでも多くの人がそれなりに折り合って生きているのでしょう。いったん、絡みすぎると引き摺る事もままある。僕の場合がそうだ。その後の人生に影響が出て宜しくは無い。今更、親が悪いと恨む筋も無い。変えようと思えば変わったのだろうしね。今となってはどこをどうする事も必要も無い。今後も親父とまみえる事もあるまい。

佐藤浩市は聡明だ。抑えるものを抑えて邂逅したのだろう。勿論、全てではないだろうし未だになにかわだかまったものを持っているのかも知れない。それでも、切れずに何とか保ったのだろう。悪い事では無い。賛美されるってのも少し違うんでしょうが・・・。

葬式とか埋葬は質素でよい。送ってくれる人がいるのは幸せな事でしょう。

御冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

責任のとり方。。。

121229_104157 ちょっと前だけど、マルちゃん正麺を食べてみた。役所広司がCMをやってて、自信ありげな感じだし、評価も高いらしい。

ここ数年、袋・カップを問わずあまり食べないので何とも評価は出来ないがさして、感動も無かった。昔よりは色々と向上しているんでしょうが、全体的にはどうなんでしょうねぇ。

あまり縁が無い世界だけど、TVで峯岸みなみの坊主頭を見た。何でもお泊りをしたとかで、恋愛禁止のルール破りをしたのだとか。それで自主的に坊主か。似合って無くも無いけど、基本的に丸刈りは嫌いだ。僕にとっては、子供時代のトラウマなのだ。

それなりに悩んだ末の行いなんだろうが、それは何に対しての坊主なのだろう?と言うのと、覚悟も無しにノリでルールを破ったのだろうか?と思ったりする。前者の行いは、何の責任にもなってはいないし後者なら軽率以下の行いだ。若さ故・・・など、何の理由にもなりはしない。

お泊りするのも自由だし、何をやっても個人の自由だ。だけど、自由には受けられる恩恵が無いというのがセットなのでしょう。その上で、理解される人達の恩恵世界で成り立つものだ。それが嫌ならルールを守れば良いし、そのルールを壊したいのであればそういう戦いをすれば良い。

少なくとも坊主にしても何も進みはしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

二股騒動。。。

120430_173415 昨日は、トマトカレーを作った。

カレーと言うより、トマト味のシチューという感じになってしまった。

不味くはないんだけど、カレーっぽくんないと納得出来ない。

ところで、知らない俳優の二股騒動がテレビでやってた。どうでも良い話ではあるが、二人の女性が友人関係であり、二人にプロポーズしてたと言うところに興味をひかれる。

かなりのハイリスクをとったのは、ただの子供の満足心なのか一か八かの賭けであったのか。

解らないなりに、後者であった場合はどういう低確率の作戦だったかを考えてみたい。前者はもう、語るべき事もない。

最初は料理研究家の方でしたよね?。これは自然な感じで推移していたのだろう。それから、モデルの方に言い寄る訳か・・・こちらは、遊び半分だったのではなかろうか。しかし、思ったよりも熱が上がりすぎ、後戻りが難しくなったのだろうか。起死回生の策はモデルの友情の熱さとキッパリとした性格だろう。早めに彼女の方に真実を語っておくべきだったのでは無いだろうか?。事実、彼女は後で「友人です」と言い引き下がる姿勢をみせていた。しかし、モデルの行動が予想を遥かに上回っていたのでしょうかね。タイミングを逸したのでは無いかな。

自分をフォローする気は無いが、彼の行動のフォローをする気は無いし褒められた行為でも無い。しかし、何とかなると考えて行動したとすればどう考えたかを考えるのは有意義だと思うのだ。

しかし、山路氏の時と違って今回は僕的には羨ましいとは思わない。二人共、僕の好きな顔立ちでは無いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

スーパーマンなんていない。。。

120411_110343 今日はAll Cranberyを食べた。

オールレーズンの派生です。

味は、オールレーズンよりこっちの方が好きだ。

少し、機嫌が良い。

何故、ここまで騒ぎになっているのか解らないが小林幸子の騒動が賑わっている様子。

旦那が「僕はスーパーマンだから何でも出来る」と言ったとか言わないとか・・・真相はどうか知らないが、言いそうな感はある。

前にも言ったが、僕としてはスーパーマンなんかいないと思う。経営とかやってれば、それなりに節減等のコツも知ってはいるでしょう。そして、業界に関わらず一定の法則は同じ部分もあって出来ない事も無いのだろう。しかし、それはそうってだけでスーパーマンってのとは関係が無いし、特化された能力でも無い。

一般人より、ツボを知っているだけの話だ。不思議に思ったり、やっぱり凄い人だと思う前に、考えれば良い。そこにはスーパーマンの様な力では無く、論理的な何かを為しているだけだろう。

それは、人を友好的に使うって事でもある。それらの人の力が無ければいくら立派な考えがあっても成立は難しい。偽りであっても、繋がりを絶っては意味が無い。殊に、その業界での戦力が無ければ困難は大きいだろう。

そこのところが駆引きになっているから面白いネタとなるのだろうか?

あまり良い趣味とも思えない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧