2014年1月19日 (日)

梶井基次郎と木戸孝允。

140112_211846 栗ようかん。

安いものなので贅沢は言えないが、少し甘いな。

今週は、故あって家にいる事が多い。ま、のどかに過すのも一興と自分を慰める。

古本屋で買った本を読んだりして過した。

梶井基次郎著「檸(レモン)檬」(新潮文庫)。相当、昔の作家だ。31歳で夭折した人らしい。話自体は、今の人が読んでどう思うか難しい判断だ。僕としては、何故だか感性がシンクロする部分が多々ある。年代が違うのに、おかしな気もするが何か読んでてそう思うのだ。似た様なコンプレックスがあるのか同じ様な感情の動きがあるのか。ま、あまりオススメという訳にはいかないけどそれなりに満足する。

ついでに木戸孝允のを描いた短編を読んで知ったのだが、この人物の性格も自分に類似している。それなりの人物に対しておこがましい限りだけど・・・木戸孝允。桂小五郎と言った方が通りが良いだろうか。

自分の描いたものが現実的に出来そうにないと厭世的になり放棄しがち。その地位に連綿とする訳では無く、それも返上してしまうのだ。それでも彼の場合、能力が高いのですぐに呼び戻されてしまう(そこが僕と違うか)。それを繰り返すって人生だ。この時代の維新三傑の一人であるが大久保・西郷と三者がそれぞれ性格的に相違がありすぎるのも興味深いね。

一般的にやはり西郷どんが人気なのでしょう。大久保は人気はともかく、その人物は大きく知られるところだ。木戸は残念ながらあまり聞かない。芸妓、幾松との話は有名だろうか?。恐らく、この二人と木戸の違いは野心の大きさだろう。悪い意味での野心では無い。自分の思うところを貫徹するって意味での野心だ。西郷も大久保もそれぞれ違えど、自分の道を進んだのでしょう。木戸は少し、執着の人では無かったのでしょうね。何かを為すために労を惜しむ訳では無い。尽力をするのだけど、「自分を据えながらそれを実行出来ないとなれば自分が為す意味が無い⇒故に自分が留まる必要は無い」って事かな。そして、「ならば、そもそも呼ぶなよ」って思いもあったろう。それでも、野心的で無いってのはある種の安心感があって重宝されると本にはあった。ま、確かにそういう側面はあるだろう。

僕なんかは、西郷の様な豪快でくもりのない人間にはなれないし、大久保ほどに冷徹にもなりきれない。すぐ嫌気がさすし、権威には近づきたくない。そう考えると木戸は英雄的では無いが好感が持てる人物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

寝違い。

131126_203742 防衛省まんじゅう。

省に格上げになったのを祝ったものかどうかは知らない。各務原の基地際で購入したものだ。中は白あん。

味は、まぁ、それ程のものではなかった。

先週末から寝違えで首が痛いな。それでも整体で揉んでもらって今日あたりは落着いております。

そんな訳で休日はダラっとしていまして、久しぶり(といっても一週間ぶりくらいか)に活字を読んでました。三上延著、「ビブリア古書堂の事件手帖」(メディアワークス文庫)。前にドラマでやってましたよね。剛力彩芽とアキラかなんかが組んで。

普段はこういうのはあまり読まないが、剛力彩芽が可愛かったから買ってみた訳だが中々に面白い作品だ。気休めに読むには丁度、良い。

それにしても今年も後、一月かぁ。

歳をとると倍速がかかった様に早いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

光と闇。

131117_182333 寒天そば。

鴨南・・・と言いたいが、スーパーに無くて鶏の「セセリ」にした。鴨ほどにはパンチが無いけど、まぁそれなりに旨い。寒天そばは、普通のとはやはり食感が違うな。なんというか・・・細いうどんみたいな食感だ。

今週の週刊現代で島倉千代子の記事を読んだ。特にファンとかでは無いので、借金がどうこうってくらいしか知識が無かったのだが、どうもハンパなく壮絶なスケールのものだとビックリした。縁が無い世界なのでなんとも言えないけど、ファンとかはその人生も含めて島倉千代子という歌手を見ているのでしょうね。

公演での爆発騒ぎ、過労で声が出なくなって失踪、失明寸前の怪我、自殺未遂、離婚、そしてガン。借金の方は、夫の借金5千万から交際医師の6億円、興行主の2千万ギャラ持ち逃げ、資産の騙し取られ。

まさに「人生いろいろ」だ。地の歌なのですねぇ。それでも、借金は完済と言うのだから女傑ではある。それなりに幸せな時期もあった(と思いたい)でしょうが。尤も、「学習しないのか」等の疑問は残る。ま、人はそれぞれだしあまりお金を重視していなかったのかも知れない。お金は非常に必要なものなのですが、人の人生の本義とは関係ない側面はあるでしょうし。

それにしても、凄い人生だ。絶えず、忙しく過された人生だったでしょう。辛い部分と充実している部分がある。良いとこ取りの人生ってのはないものですね。

御冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

宮部みゆきワールド。

131013_173611 バターナッツかぼちゃの薄揚げ。

オリーブオイルで揚げてマジックソルトをふりかけただけなんだけど、シンプルなだけに旨いものだ。甘いカボチャなのでトマトの酸味と合うね。

今日は久しぶりに本の話でもしよう。宮部みゆきの「日暮し」を読んだ。(相変らず、内容は省きますが)江戸時代の同心(だと思ったが)の話。TVでは時代劇というところか。よくドラマで「宮部みゆきミステリー」がやっているが、宮部みゆきの真骨頂は短編と江戸だろう。それにプラスして食もあるか。

日暮しは長編だが、一章が短編の様になっているので、ALL宮部みゆきといった感じで面白い。

ミステリーもつまらなくはないけどTVから時代劇が消えて久しい。

宮部みゆきの江戸ミステリーって事で、新しく時代劇をやってみるのも一興では無いだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

事始め。

130928_191346 久しぶりのホルモン。

買いたいと思いつつ、なかなか縁が無い。本当はホルモン屋で買うのが旨いんですけどね。今回はイオンで売ってるやつを買った。

ところで、イオンでオニギリとか買ってたんだけど・・・あれは、偽装米だったのだろうか?

先週・・・だったと思うが。

FLASHを買ってしまった。「日本のエロ写真」事始めという特集に惹かれたのです。横浜写真とか昔のヌードブロマイド等が載ってまして。こういうの、好きなんですよねぇ。昔の空気感があって、何かしらヌードに合ってる。当時の外国人土産としてウケたのも頷ける。

しかし、これらに惹かれるのは何故だろう?中学時代に見たエロビデオの影響かな?洗濯屋ケンちゃんとか・・・昔は、今みたいに綺麗どころなんてのは無かったなぁ。兄貴なんかは小林ひとみのビデオを友人からかりてきて高揚してたな。当時、小林ひとみは綺麗どころって事で大人気だった。

それからのAV史を語りだすと長くなるので止めておくが、音楽と同様に思い出が一杯詰まっているものである。

さて、情報が少ない時代と現代の規制時代。相当に違っている様に思うな。昔の様になんて考えて規制をしたところで、そんなものはまったく意味が無い。何故なら、昔はあの手この手を使っても絶対的に情報や流通量が限られていた訳だ。現代はどうです?その気になったら、それなりに膨大な量の刺激がある訳でしょう?。

あまり、意味をなさないでしょう。初心と擦れた人の二極化が起こるのでは無いかな。どちらも良いこととは言わないケド、いずれにしても宜しく事にも思えない。今の時代、徐々にって環境でもないし。

少しずつでも、ギャップを縮める活動は必要なんだろうなぁ。

馬鹿らしい時代と思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

他人を許すことができるのか。

130929_170915 中津川(岐阜県)は紅梅の「幸福柿」。

柿の中に栗きんとんが入っているってあれですよ。旨いか?と僕に問われれば、栗きんとんは栗きんとんで食べた方が良いと答えるかなぁ。そんな味です。

週刊現代の伊集院静香のエッセイ「それがどうした」より、「他人を許すことはできるか」ってのがあった。内容は書いてしまうと雑誌を売ってる意味が無いので割愛する。どうも、この人は家族との間でなんらかの確執みたいなのがあった様ですね。「一度でも私を侮辱した人間への憤りを忘れることはない」とある。

「心の狭量な男」と書いているのは、恐らく「そう思って貰って構わない」的な事なんじゃなかろうかな。人はそれぞれだから解るとは言わないケド、解る気はする。僕にしても親父がどう言ってきても生涯、許す事は無い。

僕としては、「どういう事をされたか」ではなく、「自分の大事な何かを侵した(イマイチ、しっくりこないな)」かが問題なのだ。

もっとも、全てに怒る訳でも無い。人から見たら許せないって事が自分としては何とも無い事だってあるし、憐れんで見過ごす事もある。

他人を許すことはできるのか」か・・・。しようと思えばいつでもできはするのだろう。不可能では無い。人の心持一つだ。あくまで個人の内の問題である。常に「YES」であり「NO]なのだろう。

それでも僕の結論は、「許すことは出来ない」だろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

春本 「壇の浦枕合戦」。

130914_154845 じゃがバター。

子供の頃、親についていった居酒屋で子供ながら感激した旨さがあったなぁ。

ま、身体の事を考えるとあまりよろしくない気もするが・・・久しぶりに食べた。やはり旨いよね。こういうのは。

雑誌「週刊現代」のコラム人生のことばが面白かったのでこの話題にしよう。

春本に「壇の浦枕合戦」というのがあるらしい。まぁ、枕とかある種の匂わす感じとかいいですよね。それだけで少し半笑いになってしまう自分がいる。それはともかく、その本自体の内容は知らないが、義経と弁慶が出てくる色話だろうか。

弁慶の言葉がエロかっこいい。戯れた女との会話だ。「白状すると、わしは女は今夜が初めてなんだ」。女も粋で「いかがでしたか?初物の味は」と返す。それで弁慶、「航海している。おいしすぎる。よって、わしはこれ限りにする」。

何か閨の薄闇の中で、大男としなやかな女が交わしている情景が浮かぶようじゃ無いか。

そこへくると・・・義経は、あきれるくらいの行動力だ。

建礼門院徳子(清盛の娘)の部屋におもむいて口説き落とし、秘儀の限りを尽くす。徳子もも失神するほどの陶酔を味わったということだ。

ま、読み物ですからねぇ。どちらかというと風刺画的な皮肉があるものらしい。この場合、実話やら信憑性なんかはあまり関係なく、認知度のある人物と皮肉、卑属も雑じった猥雑さがあれば良いのでは無いかな。こういうお話はグレーが良く似合うものなのだ。

それにしても弁慶の「白状すると、わしは女は今夜が初めてなんだ」は良いな(実際に言う人はあまりいないでしょうが・・・)。こういう事って大抵は、隠したがるじゃないですか。経験不足の見得張り。自身の体験も含めて実際、バレているのでしょうがね。そこを、照れながら益荒男(マスラオ)が言うってギャップが宜しい。

俺も今度、やってみようか・・・しかし、マスラオではないしなぁ。この歳で初めてっていったらひかれるか。或いは、どつかれるか。

・・・・・やめておこう。

とにかく、人は素直が一番だという話だ。まとめになっていないが、今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

NGデー。

130916_221448 富山で買った、しろえびまめ蒲鉾。

旨いよ。蒲鉾って、ここいらではあまり常食しないのだけど食べると旨いものだ。

僕なんかは、正月の重箱の一箱にぎっしり詰まってた光景を思い出すな。昔ながらのベタなやつ。最近は色々と種類があって親近感は増しているんでしょうね。

それにしても、この蒲鉾・・・しろえびはいらない気もしたりする。

ビッグダディーの三姉妹グラビアデビューって事で、雑誌「FLASH」を買った。

これ~、、、NGでしょ?。ちょっと頂けない。元嫁の時でもお値段分、元を取れてなかったのに今回は、ちょっとボッタクリ過ぎだろう。悪徳も大概にして頂きたい。

買う奴が悪いのか?そうなのか?。

ま、巨乳ではある事だしこれぐらいにしておこう。

一匹ゴリラこと、馬淵氏が東電の汚染水問題で何やら指摘しているらしい。凍土壁は有効でない。(民主政権当時、馬淵が進めていた)地下遮水壁方式とすべきってのが主張の様だ。それはまぁ、そうかも知れない。

それより問題にしたいのは、民主時代の対応だろう。

このプランは株主総会に影響を与えるという東電側の主張でストップがかかったのだそうだ。そして馬淵の首相補佐官を外され、東電は海側のみの設置で逃げたと言う。いかにも民主党と東電の腐ったやり方に相応しい対応だった訳だねぇ。

馬淵・・・お前さぁ、今頃になって憤ってどうする?。折角、一匹ゴリラって事で孤高に殉じているんなら、なんでその当時に言わなかった?。今頃言って誰が賛同してくれるんだよ。安倍政権をくさしたかったのかも知れんが、失ったものの方が大きいんじゃないか?。民主と一緒でもう、終わってる人間になっちまうぞ。

さっさとそんな腐ったところは脱して違う道を選べよな。数少ない良心的な人間なら是非、そうすべきだ。

とりあえず、NGだ。

こんな具合で、今日(個人的には、昨日も酷かったが)はとことんNGデーだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

無償の供与。

130813_171449 セブンティーンアイス。このアイス、何年振りに食べたろうか?。

郡上に行った時、フラフラになった体でスポーツセンター内の自販機で買いました。これで持ち直したのだから体と言うのも不思議だ。

ここにいたスポーツトレーナーさんは別嬪さんでしたよ。それで治ったという説もある。

秋田書店で読者プレゼントの当選者を水増していた事件があったそうな。僕はあまり、応募とかした事が無い。たまにして、当たったらビックリするくらい。時には送った事も忘れてしまうので門外漢なのですが・・・不景気というのは、暗くなるばかりですね。

それにしても昔、ガムの懸賞に応募をしたら賞品を持って来てくれたところがあった。懸賞品が何だったかすら覚えてないけどね。子供の時分だから30年弱は経っているか・・・まだまだ、日本もスローライフであった頃だ。昼に来たので学校で留守だった。対応したばあさんが言うには「生憎、懸賞品は品切れで申し訳無い。変わりにこれを」とジッパーになったプラスチックの薄いケースを渡されたとか。詳細は忘れたけど、それを貰った覚えはあるのだ。

今では、考えられないくらいええ話じゃ無いですか?。

昔はメーカーの方が無償で供与してくれたらしいが不景気でそれも減ってやむなく・・・とか。そうは言ってもあまり、気持ちの良い話では無いだろうな。そういう世なら、そういう中でやるしかないでしょう。

心ぐらいは持てるでしょう。無償なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

悲しき保身者達に捧ぐ。

今回は、まじめ一辺倒になってしまうな。

島根県なのかな?松江市ってところの市教委が「はだしのゲン」を許可なく自由に閲覧できない閉架措置を求め全校が応じたとのこと。僕も子供の頃、ドラマかなんかやってて悲しすぎて見れなかった思い出があるなぁ。

って、彼らの味方なんぞになる訳ないでしょうが。

市教委の言い分は「描写が過激すぎる」って事らしいが、こんな奴に何が過激かわかるのだろうかね?もっと他の事にエネルギーを向けろよ。タダでさえ、ロクな事もしやしないのに更にロクま事をしない。辞めちまえ、辞めちまえ。話にならん。

はだしのゲンは原発の恐ろしさと戦争や偏見なんかに対する怒りでは無いのか?間違ってもテロや理不尽な暴力を賛歌している訳では無いでしょう。そういうショックは必ずしも子供を不健全に持っていく事は無いよ。そんな衝撃は、僕だって子供の頃に一杯ある。

いずれにしたって子供が判断すれば良い。見たくなきゃ、廃れるのだろう?。それでいいのだ。間違っても市教委が云々言える事じゃ無い。弁えられない人間は憐れだな。僕は、こういう市教委の感覚が許せない。

「はいそうですね」と受け入れた全校の人間にも問題が多い。むしろこっちの方が厄介だ。独りでも、「そりゃ、あんたの独りよがりだ」と窘められる人間がいないのか。こんな奴が人に何を教えられるだろう。関係者全員、辞めちまえ。

こういう奴らが日本をダメにする。と言うかダメにした。自分さえ良けりゃ良いと子供に教えるのか?上の者は常に正しい疑う事なかれと教育するのかね?。それが幸せだとのたまうか?。自分の給料さえ保障してくれるところが正義と考えるか?。そう子供に教えるか?。

考えろよ、その頭で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧