2014年1月 8日 (水)

終焉。

140102_150200 たまねぎせんべえ。

師崎に行った帰りに寄った「えびせんべいの里」で買ったものだ。毎回、いくとこれを買ってしまう。旨いんだわ。

今朝は、起きたTVをつけたら「たかじん死去」のニュースだった。ビックリして眠気も吹き飛んでしまったよ。う~ん、、、何ともズドーンと沈んでしまった。

毒舌で愛される人って少ないだろう。あの猪瀬やみのもんたなんかは良い例だ。たかじんとかたけしとかはやはり特異な部類なのだよな。今の世の中は人が思った事を言えない時代だ。こういう人がいなくなっていくと悪い方に行っているのが加速する気がするのだ。それに思い至って今日は一日中、冴えない気分で過ごした。

ある時代が終焉する気がする。

はっきりいって、僕は生き辛いよ。くだらない事に真剣に理論立ててもやっぱりそれはくだらない事でしかないのだ。裾野は鷹揚に生きていいんだよ。それが本来の人の姿だ。深刻な事に対してしっかりする事が肝心なのだ。何故か今の人は「YESかNO」しかない。「YESかNO」では無くて、「YESでありNO」であるべきだと思うんだよな。

やはり、理論的バカの導き出す答えは人では無いのだ。

ま、そのあたりはこれからチクチクとやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

アイデンティティー。

131027_185430 ドラッグ杉山のお試しサービス品。

サロンシップ。試してみたら、僕にはかなり効いた。効きすぎて、体が暴走気味だ。

みのもんたの朝ズバ・サタズバの降板記者会見。良いか悪いかは置いておくとしてまぁ、一つの時代の区切りだろうという気もしている。僕としては、どちらでも良い。

それにしても思うのは、親の責任論である。僕の中では、20歳過ぎていれば大人な訳で親の責任云々は無いと思ったりする。「みのは言いたいだけ言っていた人だろ」って感情論は解る。が、やはり自分のとった行動はやはり本人のものだと思うな。逆に、僕が次男の立場だったら「親は関係ない」と突っぱねるだろうか。

一般にアイデンティティは青年期に形成されるのでしたか。みのの次男は何歳だ?。30歳くらいだったか・・・もう確立している歳でしょう。若干、世間的に確立されるものかどうか怪しい面はあるが、それなりに大人な訳だ。この件は、本人自身の問題だ。

ものもんたが批判を受けているのは、別件なのだろうな。

次男の話はキッカケに過ぎない。

普段、威張っている人間がポカした様な事をすると、「それみたことか」となるのが人の世界だ。ジャーナリスト等を自認する人がTVでとかく言っているが、このこと自体が所詮のお話ですよね。

そういうと、こういう世界は終わってしまうのでなんやかんや言わねばいけないのでしょうが・・・ちょっと鼻白む事柄だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

嫌みの流?

131012_205709 長野で買った梨。

やっぱり、梨は旨いな。柿も出始めてちょくちょく食べてます。

朝ズバからみのが消えて久しい。久しいわりに、雑誌なんかではみの叩きが始まったって感があるな。それにしても、みのアレルギーってのは想像以上に大きいのですね。僕はまぁ、どちらでも宜しいって感じだが・・・確かに偉そうに言い切るってのは反動が大きいのだ。身から出た錆ではないとはいえ、分身から出た錆ではある。しょうがないだろう。

こうなると、朝ズバもリニューアルとの声もある。

しかしなぁ、、、看板アナっている?。今の井上・高畑で良いじゃないか別に。特に不自由は無いがね。後は山元香里や美馬怜子とか今の面子が見れれば良いかな。

最悪でも・・・吉田明世が見れれば良い。これは譲れんゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

奈良井宿。

Pict0003 昨日、訪れた「奈良井宿」。

中山道の宿場の一つ。木曽漆器や百草丸、五平餅なんかは昔から馴染みがあるなぁ。馬籠や妻籠なんかもたまに行くけど、宿場の町並みって何か好きだ。

Pict0020 太鼓橋。総檜造りなのだそうだ。

橋脚を持たない橋としては日本有数の大きさだって。ただ、ポツンって感じであるので少し気が抜けてしまった感はある。それでも橋の裏側は複雑な感じでグッとくるね。

131012_124024 ここの五平餅は丸形。

クルミダレです。160円と安い。濃い味が昔ながらな感じです。面白いもので、店先のベンチで食べてると通りかかった人も足を止めて頼んだりしてしまいますよねぇ。「さくら」というのが良く使われる所以かな・・・と思ったりする。

131012_175508 今回も、ガラスフェチが出てしまった・・・。

ワインです。一瞬、「どうやって飲むのだ?」と思ってしまった(写真の通りの置き方だった)。下になってるほうがキャップになっていた。ワンカップ酒の蓋と同じというと解りやすいかな。う~ん、、、酒飲まないけど。母親あたりにぐい飲みさせよう。

131012_182504 アトリエ深雪ってお店で売ってたトートバック。

安くてシンプル。男としては、こういうトートが良い。大きさも適度だ。

他にもアクセサリーとかあった。何か、大人のセンスを感じるデザインで良い。

他にも、昔の昭和の品を扱っているお店があったりそば屋さんや漆器屋さんもあり、見ていて飽きない。拝観料は要るが、中を見られる建物(上問屋)もあったり僕は楽しめた場所です。上問屋は明治天皇の御巡幸の際、御在所とされたのがそのまま残っている。そして二回に上がる階段は箪笥階段。楽しいね。

初めて訪れたのだけど、また訪れよう。

今度は、もう少しゆっくりと見てまりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

月に祈るピエロ。

131004_185235 ハバネロペッパー。

ずっと探していたのだが、最近はどこでも見かけなかった。やっとイオンで見つけて買った。何か問題でもあったのか、ただ品が回りにくかっただけなのか・・・ともかく辛党の復活だ。

久しぶりにゆったりと休日を過す。「月に祈るピエロ」を見たよ。舞台の郡上は、それなりに馴染みのある所だし、常盤貴子はますます美人だし。少し時間が短い感があったが、こういうドラマは気恥ずかしいな。

月に祈るピエロねぇ。曲芸師(でした?)か何かに恋の言葉を教え、自分が好きな人が出来た時には、恋の言葉を使い果たしその恋は潰えたってな事をドラマ中で語っていた。曲芸師の他にも多くの人に恋の言葉を伝えたのでしょうな。

僕も少し、物語を紡いでみようか。

その昔、恋の言葉を紡ぐピエロがいました。仲間の曲芸師を始め色んな人達に恋の言葉を伝えたピエロは突然、何も喋らなくなりました。人々は、「人に言葉を与えすぎた為、自身は言葉を無くしてしまった」と噂しあいました。ある者は少しの同情を。ある者は過ぎし事と無関心に素通りしました。また、「自身は恋に破れてしまったので無気力になった」と言います。ピエロは恋の言葉以外には、得意なものが無かったばかりか、他の人より物事を上手くこなせませんでしたから・・・。

ピエロは魔境の悟りに達したのでした。どれだけ恋の言葉を紡いでみても、人々に素晴らしい結果が起きなかった事に。変われなかった人々に。紡ぐ意味を無くしてしまったのです。それでも、ピエロは生きなくてはなりませんでした。絶望は死ぬ理由にならないと知っているからです。そこでピエロは全てに無関心になりました。それでも、いつか又、恋の言葉を紡ぎ日がくるかも知れないという細い希望の糸を握りながらです。

それから幾年が経ちました。ボロボロになったピエロは真に悟りました。これが人なのだと。だからこれで良かったのだと。恋の言葉を教えても教えなくても、人は人なのでした。語っても語らなくても何も変わらない。それでいいのだと。

それからピエロは語りたいときに語り、語りたくない時には口を閉ざします。眠いときには眠り、眠くないときにはいつまでも起きています。関心があるでも無く、無関心でも無く。

特にお金持ちになった訳ではありません。偉くなったのでもありません。

それでもピエロは満たされているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

美しい者、見し者は。

130930_195317 僕の中で、中津川(岐阜県)で最強を誇る和菓子屋、「すや」の栗蒸し羊羹。

これは、甘すぎずスッキリしていて栗はごろごろ入っている。塩梅が良いってやつだな。普段、高いものは食べない主義だが、これだけは毎年、買ってしまうな。

踏切で老人を助けて命落とした女性会社員(40歳)のニュースを朝の番組で見た。写真が出ていたんだけど、綺麗な人であったな。「賞賛すべきは、そんなところではないでしょう」と怒られるかも知らんが、そう思うものはしょうがない。

実際、僕だったら車に同情していた彼女の父親と同じ行動をしたろう。恐らく、自分を守る方を選んだと思う。この女性が、本能でそうしたのかは不明だけどそんな気がしてならない。それは、やさしさとかボランティア精神とか安いモノじゃない。どうしたって、第一義は生理的なものでしょうからね。

嫌いじゃありませんよ、こういう人。僕は道徳的論理派に見られるが、逆なんですよ。根本は(生理的にせよ社会的にせよ)自己欲求ばかりです。たまたま、それが人には綺麗事に思えたり、普通(何が普通かは不明だが)逸脱して見えたりするだけだ。良いとか悪いとか言われても、そうなのだし直す気も無いのだけれど・・・。

しかし、美しい人ほど早く亡くなられるのは何とも悲しいものだなぁ。

「美しいもの見し人は」・・・どうなるのだろう?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

コントで苦情ねぇ。

130921_192236 ヒャッキン材料で作るお萩。萩の様だから「おはぎ」、ぼたんの様だから「ぼたもち」だとTVでやっていた。真実かどうかは不明だ。

ばばあ(母親)の差し入れだ。もち米・きなこ・つぶ餡。どれもヒャッキンで買ったものだとか・・・よく行くけど、もち米まであったのか。味は、まぁ普通です。

キングオブコント、見ましたけどね・・・昔に比べて、凄く面白く感じないのは時代のせいなのかな。何故かと言えば、ブラック感が少ないからだろうかな。少なくとも、僕にとっては。

なにやら言うコンビのコントに苦情が殺到したとか、番組中にアナウンサーが言っていた。よそ事しながら、ずっと通してみてたが何か問題があるかね?良く解らん。どんな奴がどんな理由で苦情を言ってるのだろ。たまにそんなんがいたとして殺到しているって・・・どれくらいの件数なんだろ?。あまり相手にしたくない輩だ。

このままだと、「お笑い」って存在意義が無くなる。一般受けする芸は「大道芸」等だけで良いって事にならんか?これはこれですこぶる面白くはあるが、また別の質のお笑いが無ければ、つまらんよ。

何回も言うが、気に入らない人は見なくければ済む問題だ。子供への影響だと言うなら、見せない。万一、見てしまったら、思いっきり抱きしめて愛情をあたえなさいよ。それだけで、お笑いの悪影響はふっとぶだろう。

TV局も、万人に受けたいって気持ちは解るが無理があるのだ。一つの物に、全ての人間が同じ価値観を持ちようが無い。それでも、なるべく多くの人にって思うなら食べ物番組だけ作ってたら良い。いずれにせよ、そんな気概で誇りを持った仕事が出来るのかな?。

もう遅すぎるが、先送りしてきた「方向性」に答えを出すなら早い方が良いだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

NGデー。

130916_221448 富山で買った、しろえびまめ蒲鉾。

旨いよ。蒲鉾って、ここいらではあまり常食しないのだけど食べると旨いものだ。

僕なんかは、正月の重箱の一箱にぎっしり詰まってた光景を思い出すな。昔ながらのベタなやつ。最近は色々と種類があって親近感は増しているんでしょうね。

それにしても、この蒲鉾・・・しろえびはいらない気もしたりする。

ビッグダディーの三姉妹グラビアデビューって事で、雑誌「FLASH」を買った。

これ~、、、NGでしょ?。ちょっと頂けない。元嫁の時でもお値段分、元を取れてなかったのに今回は、ちょっとボッタクリ過ぎだろう。悪徳も大概にして頂きたい。

買う奴が悪いのか?そうなのか?。

ま、巨乳ではある事だしこれぐらいにしておこう。

一匹ゴリラこと、馬淵氏が東電の汚染水問題で何やら指摘しているらしい。凍土壁は有効でない。(民主政権当時、馬淵が進めていた)地下遮水壁方式とすべきってのが主張の様だ。それはまぁ、そうかも知れない。

それより問題にしたいのは、民主時代の対応だろう。

このプランは株主総会に影響を与えるという東電側の主張でストップがかかったのだそうだ。そして馬淵の首相補佐官を外され、東電は海側のみの設置で逃げたと言う。いかにも民主党と東電の腐ったやり方に相応しい対応だった訳だねぇ。

馬淵・・・お前さぁ、今頃になって憤ってどうする?。折角、一匹ゴリラって事で孤高に殉じているんなら、なんでその当時に言わなかった?。今頃言って誰が賛同してくれるんだよ。安倍政権をくさしたかったのかも知れんが、失ったものの方が大きいんじゃないか?。民主と一緒でもう、終わってる人間になっちまうぞ。

さっさとそんな腐ったところは脱して違う道を選べよな。数少ない良心的な人間なら是非、そうすべきだ。

とりあえず、NGだ。

こんな具合で、今日(個人的には、昨日も酷かったが)はとことんNGデーだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

フェチ。

130831_082311 カップヌードル「ピリ辛麻辣みそ味」。

KINGサイズ。流石に凄まじきカロリーだ。それでもピリ辛でみそ味で麻婆とくれば食わない訳にはいかない。

味も満足なものだったな・・・ま、体にあまりやさしい感じでは無い。その代価を払った分は回収したって感じだ。

えー、今まで触れずに来たけど・・・みのもんたの朝ズバでセクハラ云々って話がそれなりに上がっているらしい。僕も見てたけどしかとは解らなかったな。吉田明世の大きな悲鳴らしき声が聞こえて前に数歩、早走りした感じだったと記憶している。何かやりよったとは思ったけど、腰か背中に何かを当てた感じだと思ったがなぁ。

お尻って触って楽しいかね?。二の腕とかでも一緒でしょと思ってしまうな。見るのならまだ、解らんでも無いのだけど。あまり触っても(って興味が無いので触らないけど)何とも感じないな。

僕の傾向はどうだろう?

尤も、これも二手に分かれるな。まずはリアルに触る場合か、ビジュアルかだ。

まさに事に及ぶ場合。これは乳が好きだ。普段、巨乳傾向に見られがちな僕(?)だが大小はあまり気にしない。ケツには一切、興味が無いので故意に触ることは無いかな。これはこれで問題かもしれないけどね。とにかくそんな感じだ。たまにウエストを両手で掴んだりはする。強くじゃ無くて人が腰に手を当てる感じです。

ビジュアルだけど。

まずは顔。これは、ガン見する。美醜の問題では無い。とにかく見る。夏場なら腋も見るな。大概の女性の腋って、なんか綺麗でしょ?おかしいか?。それから太ももと胸。お尻は・・・興味ないかと思えばちょっと違う。友人なんかはピッチリしてキュっと上がっている(何故だかジーパンは必須らしい)のが好きだそうだ。僕は、それも嫌いじゃ無いけどすこしたれた感じも好きかな。後、締まったウエストも好きだけど程好くたるんだウエストも嫌いじゃ無い。

結局のところ、「全身見とるし一貫性が無いかっ」って突っ込まれそうだな。まぁ、でもそんなもんじゃ無いですか(と誤魔化しておこう)。

話は最初に戻るが、みのもんたの件はそのまま流しておいて良いんじゃないかな。どんな思惑があれ二人共、それなりに腹におさめてるんでしょう?。

吉田明世好きな僕でも、(真近で見れるとか言う意味で)羨ましいとは思えど、立腹はしない。

万事、ほどほどにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

孤独のグルメ。

130812_221019 丸ぼうろ。

佐賀の銘菓だとか。意外とはまるな。昔ながらのお菓子は、悪くない。たまに買って食べます。

TVを見ていたら「孤独のグルメ」という番組がやっていた。知らない番組だが、シーズン3となってたから人気があるんでしょうね。独特のゆっくりした語りと内容が面白い。食べてる料理も美味しそうですね。思わず、DVDをレンタルしたくなってしまう番組だ。

TV離れがあるといわれる今日だがそれなりに頑張ってはいるんだろうな。

ジャンル的には少なく、どれも似た様なところに力を入れてる感があるのは拭えないだろう。お金をかけて云々ってのは別にしても路線を増やすとかもう一ひねり欲しいのは事実だ。

あー、もう日曜の夕方か・・・眠りこけて休みが終わってしまった気がする。

もう少し、活動的に過さねばなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧