2013年10月 5日 (土)

月に祈るピエロ。

131004_185235 ハバネロペッパー。

ずっと探していたのだが、最近はどこでも見かけなかった。やっとイオンで見つけて買った。何か問題でもあったのか、ただ品が回りにくかっただけなのか・・・ともかく辛党の復活だ。

久しぶりにゆったりと休日を過す。「月に祈るピエロ」を見たよ。舞台の郡上は、それなりに馴染みのある所だし、常盤貴子はますます美人だし。少し時間が短い感があったが、こういうドラマは気恥ずかしいな。

月に祈るピエロねぇ。曲芸師(でした?)か何かに恋の言葉を教え、自分が好きな人が出来た時には、恋の言葉を使い果たしその恋は潰えたってな事をドラマ中で語っていた。曲芸師の他にも多くの人に恋の言葉を伝えたのでしょうな。

僕も少し、物語を紡いでみようか。

その昔、恋の言葉を紡ぐピエロがいました。仲間の曲芸師を始め色んな人達に恋の言葉を伝えたピエロは突然、何も喋らなくなりました。人々は、「人に言葉を与えすぎた為、自身は言葉を無くしてしまった」と噂しあいました。ある者は少しの同情を。ある者は過ぎし事と無関心に素通りしました。また、「自身は恋に破れてしまったので無気力になった」と言います。ピエロは恋の言葉以外には、得意なものが無かったばかりか、他の人より物事を上手くこなせませんでしたから・・・。

ピエロは魔境の悟りに達したのでした。どれだけ恋の言葉を紡いでみても、人々に素晴らしい結果が起きなかった事に。変われなかった人々に。紡ぐ意味を無くしてしまったのです。それでも、ピエロは生きなくてはなりませんでした。絶望は死ぬ理由にならないと知っているからです。そこでピエロは全てに無関心になりました。それでも、いつか又、恋の言葉を紡ぎ日がくるかも知れないという細い希望の糸を握りながらです。

それから幾年が経ちました。ボロボロになったピエロは真に悟りました。これが人なのだと。だからこれで良かったのだと。恋の言葉を教えても教えなくても、人は人なのでした。語っても語らなくても何も変わらない。それでいいのだと。

それからピエロは語りたいときに語り、語りたくない時には口を閉ざします。眠いときには眠り、眠くないときにはいつまでも起きています。関心があるでも無く、無関心でも無く。

特にお金持ちになった訳ではありません。偉くなったのでもありません。

それでもピエロは満たされているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

類似。

130919_190724 瀬戸物祭りの時に買った「豆と海苔の佃煮」。

惣菜豆の業者さん(?)が出していたものです。周りに人が居なく、あまり売れてない様に見受けられた。僕は、そういうのに弱いのだ。一番、味が良いと思ったこれをつい買ってしまった。ま、「ごはんですよ」に豆が入っていると想像していただければ味は解りやすいと思う。

最近の話だけど、初対面の女性に「昔、そっくりな人と付き合ってた事がある。その人が現れたかと思った」と言われた。大阪の人だそうだが、僕は愛知県民なのだ。明らかに別人です。前に「笑い方が、元カレそっくり」とか「笑い顔が元カレそっくり」とか言われた事はあったが、歳や背格好、仕草まで似ていると言われた事は初めてだ。

そんなこともあるのかねぇ。

自分と似た人は三人くらいいるというからまぁ、驚くことも無いのだけれど点で繋がる事もあるってのはそれなりに面白いものだ。

しかし、ドッペルゲンガーでは無いのでとりあえず安心ではあるかな。

そうもこのドッペルゲンガーってのは昔話などを読んだりするとあまりよろしいものでは無い様なのでね。

それにしても・・・そういう類似した人を目の当たりにしたとしたらどんな感情が湧くのだろうな?。近親憎悪みたいなものな。

何にせよ、あまり好感は抱かない様な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

新・男の条件。

130529_193126 じゃこおろし。

久しぶりに食べたな。旨いよね。大根は先っぽの方を使用。ふと思ったのだけれど、ワサビを少し入れるのも工夫かも知れないな。今度、試してみようか。

昔、男の理想的条件ってことで3高(高学歴・高収入・高身長)ってのがありました。あった、あった!思い出すなぁ、そういうの。何一つ満たしてない自分だったけど、不思議とあまり気にはかけなかった気もする。身長はコンプレックスがあったけれど。。。

それが今では「3低」なのだそうだ。えー・・・低姿勢(えらそうではない)、低リスク(正社員で安定)、低依存(家事、育児を分担してくれる)の三つ。

結局、現在でも僕には当てはまりそうもないな。

記事にもあったけど、どちらにしても高望みって事だろうか。結果、男性の立場は優位になり、女性はヒモ的な発想になりやすいと記事は締めくくっている。

ま、それでも社会への女性進出は緩やかであるにせよ進んではいると感じるのだ。田嶋陽子の様にヒステリックになる必要は無いだろう。後退している訳では無いから、ゆっくり進んでいくのも悪くは無い。

どうちらが良い悪いって話じゃ無いのだし、人は千差万別で良いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

答えが出にくい事柄。

130504_183218 みるく工房飛鳥で買った蘇。

古代のチーズと言うやつですよ。食べてみたが、どうもね・・・元々、固形チーズが苦手。お店の人は、「古代のチーズと言われているが、味はどっちかというと生キャラメルかな」と言っていた。

確かに甘味の少ない生キャラメルと言えなくも無い。だけど、同時に固形チーズ的な風味が出るから僕としては少し、苦手なのだ。しかし、千円でしたからね。ちゃんと食べないともったいない。

そういえば連休中に気に留めたニュースがあったな。女教師が風俗店で働いていたのがバレて停職になったという話だ。借金返済の為らしいが、どうなんでしょうね。自分でこさえたのか、どうなのか。何ともね。

密告するやつも情が無い・・・と僕なんかは思うが。

ま、教師という立場上もあるのだろうし、ルール上も副職禁止らしいから罰しない訳にもいかないんでしょうな。しかしねぇ、、、人の前では無いからバレないって判断は甘いでしょうね。多くの男は教師であれ予想以上にスケベなのだ。ひょっとしたら隣にいる好男児だってそうなのかも知れんゾと言う話だ。

この手の話は、たまに聞く事もある。誰が悪いと言うのでも無い。でも、そんな事は誰も得をしないよなぁ。救われない事柄の一つだ。

みんなが友人の恋人や奥さんに風俗店であったらどうする?・・・

中々、答えが難しいでしょう。世間の政治的な意味でも個人の心の中での思いでも。

僕だったら、まぁ・・・黙っているかも知れないなぁ。少なくとも、上のニュースの様なものに遭遇したなら絶対に、にそっとしておくだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

穴。。。

121109_182342 鶏がらスープ。

モヤシと豆腐を入れた。安くてヘルシーな一品だ。更に卵があったら良かったな・・・。

逗子ストーカー殺人のニュースを見る。まったくもって救われない話だ。

それにしても、盲点だったな。ストーカー規正法ではメールは対象になっていないのか?!。しかも、内容に行き過ぎがなければ動けないという。問題は起っている事では無くて、誰が何をしているのかという事なんだろうに。法の穴と言えば穴と言える。しかし、無力なものだな。

普段、僕ら庶民は日々進化していく中で生活している。そうなると、それらが当たり前に思えて当然の様に法もそれに追従していると思ってしまうよね。しかし実際、そこまで法は柔軟では無いのだな。悲惨な事件が起ってから省みても、被害者は納得出来ないだろうけれど。

人が人を好きになるのはしょうがない。それに、付き合っていて別れて未練が残る事もあるのだろう。自分以外の意識があるのだから自己でどうにか出来るものでもない。それでも、そんな事とは関係なく暴走してしまう人の心は厄介だ。良く、テレビなんかで恋だのと騒いでいる光景を散見するが、、、もう少し覚悟はした上で楽しんで頂ければと思ったりする。

まったく・・・人の心はやっかいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

後味の悪い。。。

今日は、体調が悪い。首がだるくて頭がガンガンする。

木嶋被告に死刑判決が出たそうだ。物的証拠が無い中での死刑判決だ。

別に裁判員や判決に意義を唱えるつもりはない。僕が裁判員だったら死刑を決断する可能性は高いし、死刑廃止論者でも無い。

ただ、やはり後味の悪さは残る。

形に見えるものは信じやすいと言う通り、やはり物的証拠が無いと言うのは心許ないのだ。「疑わしきは・・・」というのもあるんでしょう。

要するにグレーを白黒に分けるという難しい事柄だ。

世の中、杓子定規にするのは困難という一例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

見分け方。。。

110831_125510 この間、あずきバーを食べたよ。

カタイね。硬い・・・ま、これがあずきバーの醍醐味と言やぁ醍醐味ですけど。

昔はあまり食べなかったけど、今はわりと食べます!。

ここから急にシモの話になるので、嫌いな人はご遠慮下さいthink

で、写真を見てて思ったのだけど「爪が伸びまくってるsweat02・・・」Hをしてない証拠です。かれこれ1ヶ月はしてない。

爪が伸びてるってのは、「Hは御無沙汰」と言う多少の判断にはなるだろうと思ったりする。もっとも、常にきちんとしてる人もいるからややこしいがsweat01・・・だから、「不精で尚且つ、Hは御無沙汰」って方が正しいのかな。

下の話ついでに、開高健の本で読んだんだが女性の潮吹きに興味を持った友人の話ってのがあった。何でも、コップを持って女性の下の方で待ち構えていたと言うからちょっとひくね・・・女性はどういう心持だったのだろうなぁ。そこは載ってなかったが。

その話を話題に女性の潮吹きについて友達と議論(?)した事があったな。やれ、「女性が全員気持ちが良いとは限らない」とか色々。知人達の話で良く聞くのは、「潮を吹かした俺」に満足する様だ。実際、風俗に行って潮を吹かせるのに夢中になって時間切れした人を二人知っているcoldsweats01。ま、男とはこういう事に夢中になってしまうものなのだ。

僕はまぁ、あまり頓着しない。こういう夢中になれる人と比べるとサービス精神が希薄ですねぇ。結果論的に潮を吹いた女性もいるって感じだなぁ。他の人に比べれば少ないとは言えるだろう。

この辺り、もう少し掘り下げると見えてくるものもあるかも知れないgood

がそれは、またのお話って事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

街かど屋のオーソドックス定食と心の引っかかり・・・

110501_125018 今日は友人の家に遊びに行って来ました。生憎の雨でしたがrain・・・

僕は、1日半程、米を食べてなかったので、お昼に街かど屋で定食を食べる事にしまして。

110501_123829 焼鯖定食にしましたよfish久しぶりにオーソドックスな定食を食べた気がするなぁcatface

鯖はもう少し、小さいと思っていたら半身だったので得した気分だ!590円だったかな?費用的に考えても満足だーgood

ま、友人と女の話や色々していてちょいと前の心の引っかかりを思い出した。惚れたはれたの年齢では無いので少し大人な感じの話になってしまうのは仕方が無い。それでも、相手に不快にされたりする事もあるgawk

しかし、相手を知らずに傷つけてしまう事もあるweep基本的に僕は人の気持ちをあまり考えないがそれは仕事にであって、それ以外に限っては礼節を弁える。それでも、気付かず相手を少し凹ませているのだ。決して悪い事をした訳でも無いのだけれどね。恋愛とかってのはそういうものなのだろう。

この「気付かなかった」ってのが釣り針に掛かった様にすこしズキズキとしてしまうのだwobblyもう少し、遣り様があったのでは?と思ってしまう・・・別に憐れみとかそんなんじゃ無くて、気遣ったやり方とでも言うのか。。。とにかく、あった様に思う。

特にウルウルの目で見られた最後の映像が引っかかってる。

上手くいかないものだね、人生はthink。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

素麺味噌汁を飲みながら、夜這い考。。。

110421_171759 こちら、頂きもののそうめんふし「藤兵衛」

そうめんふしとは麺を伸ばす時に両方の管にある部分らしい。この部分は粘り気が強くて通人に好まれる部位なのだと書いてある。

三輪そうめんと書いてある。何か有名だよね?

110421_191311 今回は味噌汁に入れました。御飯は大根菜めしに昨日の大和芋のとろろを焼いたもの。

昔、僕は味噌汁に入れた素麺って嫌いだったんだけどねぇ。。。

今回、改めて食べたのだけれど、、、旨いねっhappy02

今日は週刊ポストの「大研究 夜這いとSEX」って特集を読んだのでその話book。夜這いと聞いただけで蔑む人もいるのかも知れない。けれど、実は相手を選べたり積極的なものだったりするのだ。

ま、夜這いと言っても色々ある様だ。男が通うものもあれば小屋に集まってHしたり、祭りの流れでそうなる習慣もある。夜這いを規制する機関や仕切りババなんかも居たりしてそれなりのルールがあったのだね。又、夜這いとは少し違う気もするが初体験を後家や村長が面倒を見るって何だか儀式化したような文化もあったようだsweat02(これはちょっと引くわなっshock)。ま、、、隣近所知ったる中でそういう事もおおらかに受け止めた日本の文化だったって事だね。変な話に聞こえるだろうが、知らない相手といきなりって訳でも無いから安心?だったのかねcoldsweats01

田舎と都会の違いもあった。田舎は先に述べた様な色合いが濃い。都会だと売り歩きの良い男なんかが気に入られ、誘われる様にそうなる事もあったそうな。

そしてこれが重要なのだが、女が誘う場合もあれば断るのも自由だったって事だろう。無理強いだったのならばそれはその世界に置いても強姦だったのでは無いかなngどちらかと言えば自由恋愛的な側面も多い。今で言えば出会い喫茶みたいなものか・・・ただ、金のどうこうは無いよ。それは恋愛では無いからねthink

殊更に忌み嫌う人間もいるのかも知れないが、さほどに目くじらをたてて顔をしかめる話でも無い・・・ですよねぇ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

男の口説き文句。。。

@niftyのニュース速報で面白そうなものがあったので見てみた。

これはドン引き…「戦慄!男の口説き文句」5パターンというヤツだ。

とりあえず、僕の感想を述べよう。

①「『僕のペニスはとても長いんだ。だからキミの心まで届くんだよ』と言われた」

②「クリスマスの日に初デートをした人からキミの煙突に入りたい』と言われ逃げ帰ったことがある」

ウ~ム、、、男からみてもこれは引くsweat02・・・良く女性が言うのはペニスの長い・太い=気持ちよいって事では無いそうだ。それに②の煙突は男に使うべきでは・・・ってそういう問題じゃ無いかsweat01。。。ちょっと、ありえない生々しさって怖い感じがするね。

③「歯科医師との合コンで、キミって、キスしたくなる歯並びをしているね』と言われた」

歯医者だから言ってしまったのかcoldsweats01・・・クチビルならまだ解らんでも無いが。

④「エッチに誘うときに『食べたい』と言い、終わった後、『ごちそうさま』と言われた瞬間、不愉快になる。好きだった気持ちも不信感に変わる」

高校時代、友人が女にこれを言われた事があったのを思い出した。ま、そのレベルの話だね。僕はどうしてるかな?と考えたら直接、「Hをする」と宣言してるナ・・・もう、若い年頃ではないし。これはこれで最低な部類かgawk。〆の言葉は、、、ありません。

⑤「初対面の取引先の人との飲み会の帰りに、いきなり股間に手をもっていかれて、『僕のココはこんなに熱く大きくなってるんだ!』と絶叫された」

はっ?!これはコメントのしようも無い。最低の悪ふざけ・セクハラの類dangerだ。

ま、シモネタは僕は嫌いでは無いけれどね。キャラってのもあるだろう。引かれる人は引かれるし、旨いやつは笑ってもらえる。因みに自分が触るんじゃなくて、相手に触られるくらい魅力があるといいね。触るにしても股間ではダメだ!腕とか肩とかさりげなく、回数を多くすると良い。

相手がトラブルを回避する行動をとっている内はありがたいが何かのきっかけでトラブルに発展することも無いでは無いし気をつける必要があるでしょうねぇ。

この時代、口説くのも力まかせだけではダメなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)