« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

大晦日。

131231_155825 大晦日の料理。

正月も同じメニューになります。後は、マグロやタコ・甘エビの刺身が追加される。肉はほとんどありませんよ。ハムとか旨いもんですがね・・・控えねばいけない身の上だ。

えー、特に大晦日と言っても変わらないのだけど。後で友人宅に行くので早めに更新する次第です。ガキの使いを見て近所の神社へお参り。

あー、来年はよい年になるといいなぁ。

と言いつつ、毎年あまり良い事は起こらないものだ。かえって悪くなっているようにも思う。

けれど、願わずにはいられませんよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

正月準備。

131230_091504 今日は、正月料理の食材を買うために師崎の朝市へ行ってきた。久しぶりに見る朝日の海は綺麗ですねぇ。

ま、近年の僕の正月料理はかなり特化されてしまって、もはや正月のおせちとか何も関係ないんですけどねぇ。数の子が消え、代わりに蟹が加わり、肉類が減少し、干物が増えるといった具合です。

それでも僕にしてみれば、今年は買ったものはそこそこ豪華だ。

大きな鯛のひらき・鯵のひらき・まるぼしにかちり(上干ちりめん)・生の貝・たこわさ・赤エビ。そしてまぐろの刺身か。

これだけあれば大晦日と元旦+αは過せる。メインは鯛飯かな。それから開きとエビをチビチビつまみます。蟹はがっつりと単体で頂く。それ以降は、さっぱりとたこわさで茶漬けって段取りだ。

沖縄行きもお流れになったし、三日くらいにどこかへ参拝に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

時の効果。

131229_140120 カントリーマアムの「小豆ぜんざい」。

色々と種類があって見つけると買ってしまう一品だ。数ある中でもこれは結構、うまいな。

今年を振り返る様なTV等を見ていて、今年と言わず平成も色々とあったものだなぁと思ったりしていた。短く感じる一年でも、もう初めの頃の出来事なんかは「今年だったっけかぁ」と思うものです。それにしても年々、一年は短く感じる傾向にある・・・それに伴って記憶も曖昧になっているのだが。。。

そう、時と言うのは風化させる効果がありますね。ある時は身体的な傷・心の傷を癒してくれる。また、ある時は初々しい気持ちや愛情も薄れさせていく。良く、「あの時の気持ちは今でも・・・」とは言うが、それは形を変えて今あるのではないかな。尤も、それらの出来事の強弱もあるんでしょうがね。

とある女性に聞いた話。

駆け落ちまでした女性が数年後には浮気をしていたって事があった。ま、とかく言う事も無いがそこまでしても愛情は風化する。と言うより、変化している。これは数人で確認した事柄だ。これらは愛情が無くなったというより変化しているのだね。何だろ?。恐らくだけど・・・自分の一部みたいになっているのでしょうね。知らぬ間かどうか解らんが、別腹になるのでしょうか。これらの心境は相手の心情はあまり関係ない様で、公言しないのもやましいというより確信的な印象があるな。

女性の例を挙げたけど、男も似た様なもんだろう。思考的な違いあれど心情的には似た様なものだ。ついでに足しておくと僕もこの最たるものかもしれない。

各々が手前勝手な訳で良いも悪いも判別のしようが無い。

斯様に人の心は難しいって事でしょう。

・・・・・年末に何を書いているやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

自爆営業。

131228_123441 たい焼き。

知らない内に、日本一たい焼というのが出来ていた。一時期、白いタイヤキが流行ったが僕の思うところ最終的には昔ながらの生地が残るものの一つの例だ。味はまぁ、旨かったですよ。

そういえばTVでやっていたが郵便局員が自費で使わない量の年賀状を買っているらしい。ノルマとかあるのだそうだ。メールやらに押されて年々、減っているのでしょうね。ま、文化の一つではあるのだけど、僕は不精で不義理にもあまり出さないからなぁ。出しても年賀はがきで無い場合が多いし。

それでもこういう自爆営業は好きになれない。悪しき企業の習慣だろう。

誰が得をする?。一見、会社が得をしている様に思えるが実情を誤魔化しているだけで真摯に対応する気が無いだけではないだろうか?。郵便会社も情けの無いものだな。これが汚い政治家が守りたい物の正体だろうか。

働いてる人間にたかってんじゃねーよ。これでは、蛆虫じゃ無いか。

正月が近いし、おめでたい事でも書きたいものだがどうもなぁ。こういうのに目がいってしまう。

とりあえず今日は、こういう会社に釘をさしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

信頼。

131227_195949 「Lemo Nack」。

レモナックという洋菓子。こういうの、食べなくなって久しいが今日はなんとなく買ってみた。と、いうより初めて置いてあったので買ったってところか。味は予想通りの味だ。

今日は朝から大掃除。使い切ったと思っていた石鹸が山の様に出てくるわ、台所の掃除で油まみれになるわで大変なものだ。ま、少しずつでも垢を落としていこう。

テレビでは安倍総理が靖国参拝した報道。

僕としては靖国参拝結構だと思っているが、この時期ってのは少しひっかかるな。米がここまで協調して「失望した」というのもな。まぁ、大概、日韓中の不仲にうんざりしていたところの参拝なので業腹だったのでしょうね・・・。僕なりにこの時期での参拝を考えるに、、、「色々とやっている内にこの時期しかなくなったのではないだろうか」と思ったりする。政治と言ってもこの程度の事じゃないかね。

もう一つ。仲井真知事の辺野古埋立の承認だ。

僕は、昔からこの知事には疑問を持っていた。嫌な感じがつきまとってるイメージしかない。恐らく態度が傲慢そのものだからだろうな。裏で何かやってそう感満々な感じだ。信頼感、あるのかね??。僕は絶対、こいつは信頼しないな。今回も粘って粘って自分への被害を最小限に抑え、どこぞの旨味を啜っている気がするな。僕は基本、あまり人を信じない方だから特異なのだろうか?。それでも嫌いなものはしょうがない。それなりに前進した、自民の勝ちって事か。

やっぱり政治はいや~な、世界だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

氷解。

131222_133428 フジパンの「温州みかん&ミルク」。

このパンは色んな種類があってしかも安いからつい買ってしまう。

それにしても餃子の王将の社長のニュースはそれなりに衝撃ですね。殺傷能力の低い銃で殺害。大きな音の報告も無くサイレンサー(でしたか?)で消音したのではないかという。財布はとられた形跡が無く4発撃たれており怨恨の説が高いとか。しかし、恨まれている感じも無いとか。そして計画的な犯行でもあるという。

特に餃子の王将には馴染みが無いが、記憶に残る事があったな。

僕の家がまだ家族の形があった頃、みんなで王将に食べにいった事がある。子供の頃だったから相当、昔の話だ。店の対応は悪く、料理も運ばれた段階で冷え冷え・・・母親は怒り出し、途中で店を出る羽目になった。それぞれに気分を害したので深く印象に残っているのだ。

それ以来、餃子の王将で食べる事は無かったが、友人は好きだと言うので渋々、入った事があった。一転して料理は温かいものが運ばれ、店員も並みの対応だった。さして旨いっとはならないけどまぁ、こんなもんだくらいには昇格。それ以来、たまには入る事もある。

殺害された社長が就任してから傾いていた王将は復活を遂げたと聞く。一括調理から店での調理にしたり、各店舗でのオリジナル料理の推奨をしたりして変革をもたらした訳だ。ばかな企業は経費削減なんかで切り詰めようとするがそれらは焼け石に水ともいえる。劇的に変えたいなら劇的に方法を変えるのが成功者と出来ない人の差なのだろうな。そういう意味で餃子の王将社長は変革者と言えるのだろう。

ま、この事件で僕が餃子の王将のイメージが変わった原因が解った訳だ。

事件がどう解決されるか知るべくも無いが、それなりに印象深い事件だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

明暗。

131221_200855 草大福。

となりにあった団子セットにしようか悩んだが、こっちにした。理由は・・・特に無い。

えー、人生は人それぞれに明と暗に別れる事もある。それでも一人に短期間で明暗が出ることもありますね。皆が御存知の通りだと思うが猪瀬都知事の事だ。都知事就任からオリンピック招致まで順調に思われたが急遽、お金絡みで弁明もあやふや耳から汗がしたたり最後は辞任だ。人の盛衰ってのも本当に急激なものだな。

ま、非難が集まるのはみのもんたと同じ様な構図だ。

偉そうな事を言う人ほど、身の周りは綺麗にしておかなければいけないのだろう。極めて御尤もではある。人って誰でもこういう側面があるものだ。それでも、発信する力を持つ者は気を使わねばいけないだろうね。権力とはそういうものだし。

それにしても、どうにも格好が悪い対応だったなぁ。あれでは辞任もやむなしか。

それに、取り締まる側も時期をを謀っていたなんて話もある。又、詰めれなくて情報リークに走ったとも噂される。徳州会ってのも少し、引っ掛かったりする。なんにせよ、極めて灰色の強い件だ。

しかし、最後は政策をやることと政治をやることは違うってことだろう。だれぞが言ってた気がする。その人は「それみたことか」とほくそ笑んでるのかもしれませんね。

ま、僕としては都民では無いしとかく言う事も無い。

元々、使う器が違っていたという話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

プロセス。

131216_184619 チゲ鍋。

毎夜、鍋ばかり食ってる気がする。しかし、一人ではスープを買っても使い切るまで時間が掛かる訳で。それに、温かい物を食するのは風邪防止にもなるし、野菜をメインにすればヘルシーで良いのだ。

最近、思ったのだが目的を達するのは第一義ではあるのだけれど、手段やプロセスというのもそれなりに大事だと思ったりする。要するに個人の中の効用が無い場合だ。汚い手段を使わざるおえずにしこりが残る場合もあるだろう。あるいは、あっさりしすぎて肩透かしをくらったりする場合もある。

燃焼不足というのは、どうも座りが悪いな。

ま、仕事ならある程度は割り切れるのだろうが趣味や恋愛なんかはやはり満足度と言うのは欲しい。煩悩と言われればそうなのでしょうけどね。

中々、百点満点とはいかないのが人生ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

これが若さか。

131215_165640 水炊き。具は白菜、ねぎ、豆腐。きくらげに鱈。

ポン酢のみで頂く。水炊きと言っても鶏出汁も昆布だしも使わず、水で煮ただけだ。「素材の味を」と思った訳でも無く、単なる不精です。

今日は岡崎市美術館の企画展「俺ならこう見る」というのを拝見してきた。ま、特に衝撃を受けるものでは無いけど、三百円と安い。作家もまぁ、色々と表現をするものなのだなぁ。僕として「平穏な一日」を表現するのはOKだけど、「平和がどうこう」ってのは気に入らないんだな。何やら芸術を政治の対極の様に表現するの嫌いなんですよ。そこのところ、気をつけられないかな。

前置きが長くなったが、今回はこの企画展がメインではない。

岡崎市美術館は、大した催しは無いのだがそれだけにより庶民的なのだ。小さな○○展が結構、行われている。見る時間だけなら先日のメナード美術館よりかかるくらいだ。今日も陶器から写真まで色々とやってました。

中でも「第26回高校生の写真展」は良かったな。ま、作品の良し悪しは世代に限った話では無いから脇に置いておく。それでもやはり歳をとって目で見ると写真で若さを感じる事もある訳だ。写真に感情がダイレクトに感じる。極めて生の感情を受けるのだな。歳をとった人、或いは写真家だったりの写真はそこのところチラリズム的なものがある気がする。普段は、それを見る機会が多いからそうなるのかな。

どっちか良い悪いって事でも無い。それぞれの段階でそれぞれの写真を撮るって事だ。尤も、隣の芝は青いって事で羨ましさも感じたりする事もあるでしょうがね。

ちょっと強めの微笑が浮かぶのも久しぶりだったな。

昔、Zガンダムでシャアがカミーユ(主人公)に殴られ、「これが若さか」と涙する場面があったと記憶する。

ま、泣きゃしないが思わず「これが若さか」と思ってしまった一日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

美術鑑賞とクリスマスソープ。

131214_195943 今日はメナード美術館へ行ってきた。

「時代を代表する巨匠たち」と題された展覧会。僕の好きな画家の作品が多いというのもあるが、この美術館は小さいながら濃密な作品が出ていて極めて有意義な時間が過せる。ポストカードも買ってしまった。小磯良平にパスキン、ミロ、岸田劉生にレオナールフジタだ。小磯の描く女性はいつもながら清楚だな。岸田の麗子像は正直、あまり好きでは無い。それでも買ったポストカードは結構、実物(って写真をみただけだが)に近かったので購入。フジタ、パスキンは極めて彼ららしい作品だ。ミロは好きなやつ。

今回は企画展を見たいというのもあったのだけど、洗顔に使っている石鹸を買う目的もあったのだ。「あおやま」のカモミール。クリスマスも近いので飾りがついていた。小さいタイプで350円。僕の財政からすると、石鹸としては高価だと思っている。

恋人に贈るには相手に渋面を作られそうだが、親しい人やちょっとした付き合いには結構な品として喜ばれそうな気がする。質は上等だ。香りも良い。

それにしても・・・いつも美術館トイレにこの石鹸が置いてあるのだが今日は無かったな。経費削減か持っていってしまう人がいるのか。

このトイレで他の種類の匂いを試したかったりしたんだけど、ちょっと残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

遺伝。

131208_193358 フルグラ。フルーツグラノーラの略かな。

僕の子供の時分から、シリアルってのはあった。しかし、僕の家ではあまり供されることも無く。又、牛乳嫌いだったのであまり馴染みは無い。メーカーは知らないが、かの高倉健も食しているというシリアル。食べてみようということで購入。ま、牛乳が嫌いなので飲むヨーグルトで食べます。

どこぞの研究チームかなにかが遺伝の発表をしたとか。サクラの匂いを嗅がせているマウスに電気ショックを与える。そのマウスの子供にサクラの匂いを嗅がせたところ嫌がる反応をみせたそうだ。その孫にも同じ兆候があることから、これらが遺伝されたと実証されたとかいう話。ま、この手の実験の話を聞いただけではピンとこないが、まったく別の事例で同じことが起こりうる可能性もあるのかな。

その辺りは微妙だ。

犯罪をおかす人は生まれつきという考えを持った時代もあったという。又、生まれながらの犯罪者という考えも展開されたとも言う。いくつかの兆候もあげられていたりした。これらのものは過去のものとなったが、上記の様な遺伝の話があると又も難しい場面が出てくるのかも知れないな。

最近(ってどれくらい最近かは知らんが)、凶悪犯罪を犯した人の脳を調べると萎縮や微細な損傷が見つかる場合が多いとか。これは遺伝では無く何らかの異常でこうなった訳だ。それに人は生まれてからの環境によるところも大きい。上記の問題でも、「犯罪を犯してはいけない」って銘記すればその後はそう遺伝されるとも言える。

何も親や世間にそうそう左右される事もない。実際の話はそうなのだが、現実の話はまた別なのだろうけど。

結局、自分がどう生きたか・・・が問われるということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

伝統。

131205_214416 野菜たっぷりの帆立中華スープ。

冬にサラダはきつくなってきたのでスープや鍋で野菜をとる作戦に変更した。

朝のニュース番組の1コーナーで漆をとる仕事をとりあげていた。漆を取り出す仕事の低収入で伝統がしぼんでしまっているとか・・・あれこれ策はとられているが厳しいのが現状らしい。

そして合成漆器ってのが出てきてこれも漆器類に打撃を与えている様だ。この合成漆器って百均で見かけるやつだよな?確かに遠くからあの光沢を見ると漆器かと思えてしまうな。僕なんかは、近くに行って本物の漆器で無いって解るとしらけてしまうが特に悪いものでは無いので買う人も多いのかもしれないな。

特に、本物がどうって事では無いけどやはり味噌汁とか本物の漆器で飲みたいねぇ。展示品なんかを見てみると、漆の光沢はまさに美しいと思うのだ。

伝統を守るって意味でも、漆をとる人達の報酬はもっとあって良いのでは無いかな。変な事に税金を投入されるより、こっちの方が有意義に思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

強権者。

131203_202714 芋まんじゅう。

あまり好きでは無いのにたまに買ってしまうのだ。

自民党が強権を揮って秘密保護法案を採決する様ですね。野党や左に同調する気は無いのだけれど、今回は乱暴に過ぎる。自民が多数を占めたのは国民投票によるのだが、難易でも強行させる為に入れたのでは無いのではないだろうか。因みに僕は、自民には一票も入れてはいない。

別に、安倍政権が嫌いな訳では無い。むしろ、支持するところは大きいのだ。しかしな・・・今回は酷すぎる。

そう、権力者ってのは恐ろしいもので権限があればあったで楽な方を選択する。つまり、都合の悪い事は未来永劫、葬るのだ。この国の企業を見れば実感出来るでしょう。とかく、人格者なんていないと思った方が正解なのだ。もっとも人格者は経営のTOPになる事は稀だろう。

そう考えると、白刃を突きつけるくらいで丁度良しなのだな。

実務者の品位が無く、大事な秘密もだだ漏れと嘆くのは理解する。しかし、内容もあまり伝わっていないのでは理解など得られようはずもないではないか。もう少し、丁寧にやることは必要だろう。傲慢と言われても仕方無い。それより多数を持っているのだから、余裕をみせる方が今後の政権に対してプラスだと俺は思うがな。石破も変な発言するし、幻滅だ。何故、時を信じられなかったのか?・・・。

とにかく、馬鹿な事をするものだ。

品格が無いわ、品格が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

寝違い。

131126_203742 防衛省まんじゅう。

省に格上げになったのを祝ったものかどうかは知らない。各務原の基地際で購入したものだ。中は白あん。

味は、まぁ、それ程のものではなかった。

先週末から寝違えで首が痛いな。それでも整体で揉んでもらって今日あたりは落着いております。

そんな訳で休日はダラっとしていまして、久しぶり(といっても一週間ぶりくらいか)に活字を読んでました。三上延著、「ビブリア古書堂の事件手帖」(メディアワークス文庫)。前にドラマでやってましたよね。剛力彩芽とアキラかなんかが組んで。

普段はこういうのはあまり読まないが、剛力彩芽が可愛かったから買ってみた訳だが中々に面白い作品だ。気休めに読むには丁度、良い。

それにしても今年も後、一月かぁ。

歳をとると倍速がかかった様に早いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

植田正治の意地。

131118_192208 久しぶりにあんまき。

ま、旨いもんです。

NHKの新日曜美術館を見ました。植田正治でしたね。と、言っても詳しい知識は無く・・・写真雑誌なんかで少女四態等は見かけましたよ。独特な雰囲気の写真です。今回は、番組でその人となりを知って感心しきりだ。

特に土門拳の絶対非演出のリアリズム旋風では辛かったのでは無いかな。僕は、どちらかと言えば土門よりの考えではあるが、芸術的演出は否定はしないかな(でも、TVでやるリアリズムを利用した様な演出は嫌いですけどねぇ)。

話は戻るが、植田正治も意外な試みを行っている。リアリズムっぽい演出をするのだ。かといって、前に述べたTVでやってるだましとは一線を隔すと言って良いだろう。何と言ってよいか定かでは無いけど、現実にあるものを心で感じた風景にするとでも言えば良いのか・・・例えばある建物があって侘しさを感じたとする。それでも写真にすると余計な物はある。電線だったり横に建ってる建物等だ。それを削って思ったところの風景に近づけたりすると思った風景の出来上がりだ。そんな感じでしょうか。原風景を知らなければ、これ程に写真家の思いがダイレクトに伝わりやすい写真も無いだろう。

ま、それはそれで良い写真なのだと思いますよ。自分のスタイルと違ってもその心意気はスタイル等とは別モノだ。そして、それを賞賛する事も筋違いでは無いって事だ。

自分と思いもスタイルも同じでなければ気が済まない人もいるかも知れない。が、そんなピッタリな人はいないでしょう。

最近は、ストーカーによる殺人等が頻繁な様だ。もう少し、心の暴走を止める努力をする必要があるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »