« ひこにゃん的ライフ。 | トップページ | 美しい者、見し者は。 »

2013年10月 1日 (火)

他人を許すことができるのか。

130929_170915 中津川(岐阜県)は紅梅の「幸福柿」。

柿の中に栗きんとんが入っているってあれですよ。旨いか?と僕に問われれば、栗きんとんは栗きんとんで食べた方が良いと答えるかなぁ。そんな味です。

週刊現代の伊集院静香のエッセイ「それがどうした」より、「他人を許すことはできるか」ってのがあった。内容は書いてしまうと雑誌を売ってる意味が無いので割愛する。どうも、この人は家族との間でなんらかの確執みたいなのがあった様ですね。「一度でも私を侮辱した人間への憤りを忘れることはない」とある。

「心の狭量な男」と書いているのは、恐らく「そう思って貰って構わない」的な事なんじゃなかろうかな。人はそれぞれだから解るとは言わないケド、解る気はする。僕にしても親父がどう言ってきても生涯、許す事は無い。

僕としては、「どういう事をされたか」ではなく、「自分の大事な何かを侵した(イマイチ、しっくりこないな)」かが問題なのだ。

もっとも、全てに怒る訳でも無い。人から見たら許せないって事が自分としては何とも無い事だってあるし、憐れんで見過ごす事もある。

他人を許すことはできるのか」か・・・。しようと思えばいつでもできはするのだろう。不可能では無い。人の心持一つだ。あくまで個人の内の問題である。常に「YES」であり「NO]なのだろう。

それでも僕の結論は、「許すことは出来ない」だろうなぁ。

|

« ひこにゃん的ライフ。 | トップページ | 美しい者、見し者は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102502/58302130

この記事へのトラックバック一覧です: 他人を許すことができるのか。:

« ひこにゃん的ライフ。 | トップページ | 美しい者、見し者は。 »