« 春画の秘宝。 | トップページ | 荻須高徳とパリの街角。 »

2013年1月 6日 (日)

糸切餅で餅考。

久しぶりに更新。

遅めの「新年明けましておめでとうございます」です。

体調はあまり思わしくなく・・・しかし、動けなかった去年よりはましな新年を迎えられた。3日には、多賀大社を詣でましたよ。雪に降られて大変でしたが。三が日だから明いてる店も少なく、スキ屋で牛丼。

130103_174600 周りにはお店とか少ないけれど、行列が出来ているところがある。

小判焼きとか書いてあった店と糸切餅を売ってるお店だ。小判焼きは並ばなかったけど、糸切餅(写真)を買いました。中々、旨いものだ。後で調べたら、結構な手間をかけて作られているらしい。確かに、きめ細かな食感です。オススメできる一品だ。

それにしても思うのだけど最近の餅は雑味と言うのがまったく無い。焼肉屋の肉もそうだけど・・・クリーン過ぎる気がする。昔、食べてた雑煮は汁の底に餅の溶けた部分があってこれが最後の楽しみであったものだ。

それが近年、無くなっているのだ。

どういう理由で無くなったのかは解らない。が、無いのだ。もし、雑さによってできていたのであれば僕としては雑な餅で結構なのだが・・・。

こうした密かな楽しみは無くなってしまうのかねぇ。

|

« 春画の秘宝。 | トップページ | 荻須高徳とパリの街角。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102502/56484317

この記事へのトラックバック一覧です: 糸切餅で餅考。:

« 春画の秘宝。 | トップページ | 荻須高徳とパリの街角。 »