« 予想以上。。。 | トップページ | 懲りない人たち・・・ »

2012年7月15日 (日)

二つの言葉。

120714_111831_2 散歩での一枚。

何だろう?舞茸みたいな感じだ。初めて見るな。

昨日、ダラダラしていた分、今日は精力的に動いて疲れた。

そこまで言って委員会の録画をみたのだが、山本太郎が出ていた。それにしても不思議だな。役者は色が無い方が良いってのは解るけどね。別に役者が何かを言っても良いように思ったりする。それに、そういう理由で役者の仕事が来ないわけでは無いんだろう。

昔、勝海舟が言ったという言葉を思い出す。「人は自分の信ずるところを行えばよいのサ」って事だ。その結果、どうなるかは解らない。けれど、どっちを選択してもしこりが残るのならば自分を信じれば良いのだろう。

もう一つ。釈迦の言葉も思う。

「あるというのは極論である。又、無いというのももう一つの極論である」というのだ。中道と言われる所以だな。それなりに真理の重みを感じるところがある。

テレビも新聞も良いと思われる情報を開示するものだとか。そうならば・・・スクープなんて言われるものもその限られた中での話という事になる。又、作為的に抽出する奴もいるのだろう。プラスして、コメンテーターなんてのも操り人形なのだろう。

では、どうやって判断するか?・・・もっと根本的に自分を信じれば良い。

違うと思ったら違うと思えば良い。尤もと思ったら尤もと思えば良いだけの話だ。難しい理屈は要らない。根本的な理屈で考えれば良い。辿っていけば結局、そこに辿り着く。原発がないと人は生きていけないなんて事はありえない。考えてみれば良い。極端な話、作り出す電気が無くても人は生きていたのだ。強行的な手段で原発を阻止する必要も無い。それは、それをやっている者と同じ行為でしかない。

コメンテーターとか、誰にも好かれるような事を言う人も多いが中道とはそうした言動を言うのでは無いだろう。そして、両極端になるのもよろしく無い。

こう考えていけば本当の中道も見えかけてくるように思ったりもする。

|

« 予想以上。。。 | トップページ | 懲りない人たち・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102502/55203286

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの言葉。:

« 予想以上。。。 | トップページ | 懲りない人たち・・・ »